お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

風変わりなお地蔵さん

ひげ地蔵など(上野公園不忍池弁天堂)

上野公園内にある「不忍池弁天堂」ここでお地蔵さんを見つけることができるなんて思っていませんでした (弁天堂が寛永寺というお寺のお堂の一つであるということを考えれば不思議はないのですが・・) 江戸時代に寛永寺を開いた天海大僧正が、琵琶湖の竹生…

鍋かぶり地蔵(稲荷町、祝言寺)

立地的には上野と浅草の中間に位置する松が谷エリアもまたお寺の集中したエリアとなりますそのエリア内の祝言寺というお寺に「鍋かぶり地蔵」という珍しい名前のお地蔵さんがいると聞いたので行ってきました 祝言寺は曹洞宗のお寺で萬年山と号します。 山号 …

しばり地蔵尊(願行寺)

以前に縄でしばられたお地蔵さんを紹介しました jizo-bosatsu.hatenablog.com jizo-bosatsu.hatenablog.com しかし都内にはまだ縄でしばられたお地蔵さんがあると聞いて行ってきました 願行寺は浄土宗のお寺で即成山光明院と号します。観譽祐祟日祐上人によ…

生身のお地蔵さん

普通お地蔵さんというと、路上やお寺の境内で見かける石地蔵を連想しますが、生身の地蔵というのも存在するようですこの生身のお地蔵さんの伝記は全国各地にあるので、いくつか紹介してみましょう ・鳥取県東伯郡琴浦町にある岩船地蔵は、古くから生身地蔵の…

縛られ地蔵尊(林泉寺)

以前葛飾区東水元にあるしばられ地蔵を紹介しました調べてみると都内には他にも「しばられ地蔵」と名付けられたお地蔵さんが存在することが分かりました jizo-bosatsu.hatenablog.com しばられ地蔵があるのは茗荷谷にある林泉寺は曹洞宗のお寺で、慶長7年(…

木の根に埋もれたお地蔵さん(抱き地蔵)興禅院

タイのアユタヤという観光地にワット・マハータートという観光地があります。僕自身は行ったことがないのですが、そこのアユタヤ歴史公園内の菩提樹の木の根元に包まれた仏頭があって(画像を見るだけでも)かなりの迫力があります その仏頭とは知名度も規模…

おしろい地蔵 蟠龍寺(ばんりゅうじ)

蟠龍寺(ばんりゅうじ)は浄土宗のお寺で、霊雲山称明院と号します。慶安元年(1648)に開創した称明院を、増上寺の霊雲上人が宝永6年(1709)に霊雲山称明院蟠龍寺として改名再建しました。本尊の阿弥陀如来像は、都文化財になっていますまた山手七福神の1…

釣り地蔵(四谷三丁目)

週刊つりニュースの東京本社1階の釣り文化資料館の前にいわば目印的な存在として立っているのが「釣り地蔵」 その資料館は入館無料で中には日本各地の伝統的な釣竿などが展示されているとのことですが、残念ながら訪れた日は休館日で中に入ることはできませ…

豆腐地蔵尊(東福院)

四谷の東福院というお寺に「豆腐地蔵尊」という珍しい名前のお地蔵さんがいるということで行ってみました豆腐地蔵という名前のお地蔵さんは、以前後楽園にある喜運寺でも見たことがあるので、案外色んな場所にあるのかもしれません jizo-bosatsu.hatenablog.…

たんきり子育て地蔵尊(四ツ谷)

たんきり子育て地蔵尊は天台宗のお寺、安禅寺の門前に立っているお地蔵さんですといっても安禅寺がそれほど目立っていないので、普通に路傍に立っているお地蔵さんに見えます その名の通り、子供の咳や老人の喘息による痰が切れない人に霊験あらたかなお地蔵…

延命豆腐地蔵尊(喜運寺)

喜運寺は曹洞宗のお寺で光國山と号します。源室氷高大和尚(慶長五年寂)が開山となり、起運寺と号して慶長3年(1598)桜田に創建、神田駿河台・お茶の水への移転を経て明暦大火の後当地へ移転されました現在の名前「喜運寺」となったのは、元禄4年(1691)…

とうがらし地蔵(福聚院)

せきどめ地蔵(通称とうがらし地蔵)がある福聚院は浄土宗のお寺で霊應山鎮護寺と号します。安永3年(1774)に創建され、本尊は小石川七福神の大黒天です福聚幼稚園が併設されているせいか、あまりお寺っぽくない雰囲気になってます 本堂 大黒様 朽ちかけた…

こんにゃく閻魔(源覚寺)

後楽園駅に近い文京区にある「源覚寺」は浄土宗のお寺で、寛永元年(1624年)、定誉随波上人により開創されました 現在までの間に明暦の大火など4度の火災、そして太平洋戦争の東京大空襲の際にも本堂への延焼は免れました※老朽化が進んだ為、現在の本堂は1979…

おしろい地蔵(玉鳳寺)

玉鳳寺は曹洞宗のお寺です慶長4年(1599年)に八丁堀に開創され、寛永12年(1635年)に現在の地に移転されました おしろい地蔵として知られている化粧延命地蔵は山門横の地蔵堂に安置されています このお地蔵さんは何故白粉で真っ白なのでしょう?それはこの…

とろけ地蔵など(大圓寺)

久々に多数の石仏のあるお寺に巡り合いましたもちろんお地蔵さんもたくさん見つけることができました 目黒駅西口から徒歩約3分、行人坂という急な坂の中腹にある「大圓寺」です目の前には「ホリプロ」もありました 大圓寺は天台宗のお寺で、寛永元年(1624)出…

幽霊地蔵(子安栄地蔵尊)光福寺

港区高輪にある浄土宗のお寺「光福寺」には幽霊地蔵と呼ばれているお地蔵さんがいます幽霊地蔵というのはもちろん通称で、正式には子安栄地蔵尊といいます ではなぜ幽霊地蔵と呼ばれるようになったのでしょうか? それはこのような言い伝えがあるからです 江…

たこ八郎地蔵(法昌寺)

たこ八郎と聞いても今の若い人には馴染みがないかもしれません元プロボクサーで役者やコメディアンとして多くの人々に愛されていた人物ですノーガードで相手に打たせるボクシングスタイルは、あしたのジョーの矢吹丈のモデルになったともいわれていますしか…

蕎麦喰地蔵尊(九品院)

九品院は慶長4年(1599)に本蓮社正誉秀覚和尚が、田島山誓願寺の塔頭として創建した浄土宗のお寺です 浄土宗十一ケ寺と呼ばれる11つの寺院が阿弥陀如来像へと続く参道の脇に軒を連ねる寺院群でその一番奥に九品院がありました蕎麦喰地蔵は元々九品院に合併…

血の道地蔵(いぼとり地蔵)、合掌地蔵(なで地蔵)、六地蔵など(円明院)

円明院は1500年前後に創建された真言宗豊山派の寺院です 入り口の前には何体ものお地蔵さんが並んでおり、その中で一番小さいのが明治25年につくられた血の道地蔵といわれているお地蔵さんでした血の道地蔵は生理不順など生理の関する病に効果があるとされ、…

しばられ地蔵、水子地蔵尊(南蔵院)

葛飾区の南蔵院というお寺にしばられ地蔵という珍しいお地蔵さんがいるということを聞いたので、さっそく行ってきました南蔵院は天台宗のお寺で、本山は比叡山延暦寺です モロしばられ地蔵推しのお寺で、バス停も「しばられ地蔵」なら、案内の石碑にも「縛ら…

目疾(めやみ)地蔵、子育て地蔵尊、六地蔵(三学院)

埼玉県には蕨市という全国で一番小さな市があります用事がなければ特に降りることのない駅ですが、目疾地蔵という目の病気にご利益のある珍しいお地蔵さんがいるということで初めて蕨の地に降り立ちました お地蔵さんがあるのは三学院という真言宗智山派総本…

田植地蔵尊(玄国寺)

東京地蔵マップを見ていたら西早稲田にある「田植地蔵」という名前に惹かれました田植えの時期になると旅僧の姿となって田植えを手伝ったことからそう呼ばれるようになったのだとかお地蔵さんのある玄国寺は慶長6年(1601)創建というのですからかなり歴史のあ…

マンガ地蔵、道標地蔵尊(金剛院)

小学校の頃の夢は漫画家でした図工の成績は人並みだったくせに、一人前にGペンやらケント紙などプロの漫画家が使うような道具を揃えて、マンガの真似事してた若き頃最も影響を受けたマンガは「まんが道」漫画家を目指す藤子不二雄の自伝的長編青春漫画で、…

地蔵王菩薩像(中華義荘)

以前記事でも紹介した地蔵王菩薩を見に横浜まで行ってきました地蔵王菩薩とはお地蔵さんの中国での呼び名であり、閻魔大王と同一視されていることから一風変わった姿のお地蔵さんが見れそうです jizo-bosatsu.hatenablog.com 元町中華街駅からアクセスしたの…

あごなし地蔵尊、咳(しわぶき)地蔵尊(広済寺)

川越にはまだ風変わりなお地蔵さんがいます以前の記事では川越さつまいも地蔵尊を紹介しましたが、広済寺という曹洞宗のお寺には虫歯や歯痛に霊験がある「あごなし地蔵尊」そして咳きや喘息に効果があるとされている「咳(しわぶき)地蔵尊」があります jizo…

川越さつまいも地蔵尊(妙善寺)

江戸六地蔵を巡り終え、ある種の達成感を感じていた日々もまた数日経つと「次はどこの地蔵を巡ろうか」という思いに駆られてしまうお地蔵さんは無数に存在し、どこから巡っていこうか思案した結果 「一風変わったお地蔵さんから巡ってみようか」という考えに…

甲冑姿で馬にまたがったお地蔵さん(勝軍地蔵)

お地蔵さんのことを調べていくうちに一風変わった地蔵があることに気づかされます一般的には赤いよだれかけや頭巾をかぶって、お寺や道端に立っているお地蔵さんをイメージすることと思いますしかし甲冑姿で馬にまたがった勇ましいお地蔵さんがいることを知…

銭塚地蔵尊、めぐみ地蔵、商徳地蔵、戦災供養地蔵、カンカン地蔵など(浅草寺)

年が明けて初めての週末、浅草寺は初詣と観光客ですごい人ごみでした 自分は東浅草にある六地蔵が目当てでこちらはついでに訪問しただけだったのですが、いやーこんな人だったら後日にすれば良かったさすがに著名な観光地はすごいですね、巣鴨のとげぬき地蔵…

江戸六地蔵 銅造地蔵菩薩坐像、塩かけ地蔵(太宗寺)

太宗寺は慶長元年(1596年)ごろに僧・太宗が開いた草庵、「太宗庵」が前身の浄土宗の寺院である。寛文8年(1668年)に徳川家重臣・内藤正勝の寄進を受け太宗寺と改称 境内には銅造地蔵菩薩坐像(江戸六地蔵の三番目)や塩かけ地蔵がある塩かけ地蔵は塩を持…

塩地蔵尊、三輪地蔵尊(徳蔵寺)

【解説】塩地蔵と呼ばれる珍しい地蔵尊です貞享4年(1687)竜雲院一峰義天居士の菩提を弔うために安置された像高約1米の立像です。塩地蔵はその多くが北向きに安置されいることから別名北向き地蔵とも呼ばれています供えられた塩を少量もち帰り、風呂に入れ…