お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

廻り地蔵とは?

廻り地蔵は、一体の地蔵を家から家へと順次に送り、滞在中はその家だけで祭る民俗行事です。
このような変わった風習はどのように生まれたのでしょうか?
解説していきたいと思います。

 

【目次】

廻り地蔵とは

廻り地蔵とは、お地蔵さんを背負って町内の家を順番に回していく風習です。
16~17世紀にはじまり江戸時代に全国的に流行った風習で、子どもの成長や家内安全、長寿息災などを祈願するものとなっています。

 

廻り地蔵の風習が残る地域は?

今でもこの風習が残っている地域があります。

下飯田地区での廻り地蔵

神奈川県横浜市泉区下飯田地区の保国寺では、1762(宝暦12)年、地蔵尊大像(親地蔵)と小さな地蔵(廻り地蔵)100体が作られました。
後部に背負いひもがついている背負い式のお堂の漆塗りのお厨子には、赤ん坊を左手に抱いて蓮華台にすわった高さ18cmほどの木造の地蔵尊が安置されています。

この小さな地蔵(廻り地蔵)を背負って地域内の家を順番に廻し、それぞれの家で数日間祀ってお参りする風習です。
お地蔵さまを迎えた家では、毎日、お茶やご飯、お寿司屋おだんごなどをお供えし、線香をあげます。
現在では、時には車を利用しながらも下飯田地区(上飯田町の一部を含む)の十五石、杉の木、本郷、元木の旧農家を中心に90戸ほどを2年ほどかけて回っているとのこと。

神奈川県では他にも藤沢市大和市秦野市伊勢原市などで残っており、2013(平成25)年、横浜市無形民俗文化財に指定されています。
神奈川県の廻り地蔵については、はまれぽ.comさんの記事に詳しく書かれています。

 

今井の廻り地蔵

埼玉県の熊谷市でも廻り地蔵の風習が残っています。
今井にある浄業庵(じょうごあん)のお地蔵様を担いで列を成し、今井の各字(あざ)を廻ります。
念仏を唱えて子どもの成長や家内安全、長寿息災を祈願する廻り地蔵の行事が1月と8月に行われます。
お地蔵様が安置されるそれぞれの家を「お宿」と呼び、そこでは来客者にお祝いの料理が振舞われます。
今井の廻り地蔵は、熊谷市指定無形民俗文化財に指定されています。

youtu.be

 

羽生市の廻り地蔵

同じく埼玉県羽生市本川俣でも、お地蔵様を背負って檀家を回る「廻り地蔵」が260年以上続いています。
本川俣地区の103軒の家を約1年かけてお地蔵さんがまわります。
各家で数日滞在し、次の家まで背負って届けられます。

このお地蔵さんは浅草の僧侶、松阿(しょうあ)上人が、洪水で被災した犠牲者の供養と村の平穏無事を祈ろうと、江戸市中から寄付を集め作ったとされています。
普段は秘仏となっていますが、本川俣の千手院の地蔵祭り(毎年8月23日)で御開帳されます。
こちらもまた羽生市無形民俗文化財に指定されています。

 

かつて廻り地蔵の風習があった地域

一方でかつて廻り地蔵の風習があったが、現在では行われていない地域も存在します。
ここでは詳細を記しませんので、関心のある方はリンク先の記事を読んでみてください。

 

大和市福田

www.city.yamato.lg.jp

 

まわり地蔵(龍華寺)

 

和歌山県田辺市(秋津川)

wave.pref.wakayama.lg.jp

 

廻り地蔵の発祥は?

保国寺は廻り地蔵の風習の元となったと考えられ、お寺のある伊勢原市では、市役所を中心として盛んに研究が行われているとのこと。
伊勢原市三ノ宮の曹洞宗保国寺で安永年間(1772~1780)ごろ、11孝戒和尚によって百体の回し地蔵がつくられ、相模国百ヵ所村に配った記録があります。
保国寺には百体の元となる丈六のおや地蔵は、残念ながら廃仏毀釈で失われ、現在は代わりの木像の地蔵尊が安置されています。

youtu.be

youtu.be

 

動画の冒頭では、古くから数多くの修行僧などがそれぞれ信仰する仏像や仏具を背負って全国を行脚し、伊勢原市にある大山を訪れており、その風習がこの地の人々に根付いたのではないか推測しています。

地蔵信者の筆者としては、廻り地蔵の風習がある地域に生まれたかったと思ってしまいます。
(引っ越ししたらお地蔵さんは回ってくるのでしょうか??)

 

 

この記事が面白いと思ったら、クリックの協力をお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

あの有名なお寺にお地蔵さんはいるのか?(成田山新勝寺編)

誰もが知る著名なお寺「成田山新勝寺
都心から少々離れていることもあって、実はこれまで未訪のお寺でした。
あまりお地蔵さんのイメージはありませんが、果たして出会うことはできたのでしょうか?

 

【目次】

成田山薬師堂

薬師堂は成田山新勝寺現存最古の御堂。
成田市指定有形文化財に指定されています。
現在は成田山新勝寺の境内になく、少し離れた飛び地にあります。
本尊は薬師如来

 

成田山薬師堂の歴史

1655年に成田山本堂として、現在の大本堂のある場所に建立。
1701年の本堂(光明堂)再建に伴う移築。
1855年5月、現在の地に移転改築。

 

寺号標

寺号標

 

手水舎

手水舎

 

本堂

本堂

 

弘法大師坐像

弘法大師坐像

 

六体あるので六地蔵尊かと思いきや、良く見たら五体の弘法大師坐像と如意輪観音像でした。

 

参道

 

成田山薬師堂の参拝を終え、参道を進み「成田山新勝寺」を目指します。

 

成田山新勝寺

成田山新勝寺真言宗智山派のお寺で、院号は金剛王院。
940年(天慶三年)平将門の乱天慶の乱)平定の平和祈願を目的に寛朝大僧正が開山
本尊は不動明王
年間の参拝客は1,000万人を超える全国でも屈指の有名寺院です。
源頼朝水戸光圀二宮尊徳市川團十郎などの著名人も参拝、信仰している寺院です。

 

総門

総門

総門

 

2008(平成19)年開基1070年の記念事業で建立されました。
高さ15mの総欅造り。

 

仁王門

仁王門

仁王門

 

1831(天保2)年再建。
門の左右に密迹金剛、那羅延金剛の二尊が奉安。
裏仏として、広目天多聞天の二天が奉安。
国の重要文化財に指定されています。

 

火炎龍

 

大提灯の下を覗くと、金色の火炎龍が

 

大本堂

大本堂

 

1968(昭和43)年建立。
堂内には本尊の不動明王が奉安。
護摩祈祷を行う中心道場となっています。

 

釈迦堂

釈迦堂

 

1858(安政5)年に建立。
かつての本堂。
釈迦如来や、普賢、文殊弥勒、千手観音の四菩薩が奉安。
国の重要文化財に指定されています。

 

醫王殿(いおうでん)

醫王殿(いおうでん)

 

2017(平成29)年、建立。
薬師瑠璃光如来日光菩薩月光菩薩十二神将が奉安。

 

一切経

一切経堂

一切経堂

 

1722(享保7)年に建立。
一切経が納められています。
入口の額は、松平定信公の筆によるものです。

 

光明堂

光明堂

 

釈迦堂の前の本堂。
大日如来愛染明王不動明王が奉安。
国の重要文化財に指定されています。

 

聖徳太子

聖徳太子堂

 

1992(平成4)年に建立。
聖徳太子像が奉安。

 

開山堂

開山堂

 

こわれ不動堂

こわれ不動堂

 

何度修理しても、壊れてしまうのがその名前の由来です。

 

鐘楼

鐘楼

 

三重塔

三重塔

三重塔

 

1712(正徳2)年建立。
塔内に大日如来を中心に五智如来が奉安。
国の重要文化財に指定されています。

 

平和の大塔

平和の大塔

 

1984(昭和59)年に建立。総高は58m。
1階は大塔入口
2階は明王殿(大塔の御本尊不動明王、四大明王、昭和大曼荼羅真言祖師行状図が奉安)
3・4階は経・法蔵殿(ご信徒による掛仏が奉安)
5階は金剛殿(五智如来が奉安)

 

奥之院

奥之院

 

石壁に囲まれた、奥行き11.15m、高さ1.65m、幅1.41mの洞窟。
大日如来が奉安。
成田祇園会の期間中にのみ開扉。

 

市川團十郎

 

成田山江戸歌舞伎の所縁は深く、初代市川團十郎は跡継ぎに恵まれず、成田山で子授けを祈願したところ、待望の長男を授かりました。
それが縁で不動明王をテーマにした歌舞伎で、たびたび不動明王を演じました。
境内には七代目市川團十郎の像を見つけることができました。

 

成田山新勝寺で出会ったお地蔵さん

開運地蔵尊

地蔵堂

開運地蔵尊

 

お地蔵さん

お地蔵さん

 

成田山公園

境内には、東京ドーム約3.5個分にも及ぶ広大な公園が整備。
自然に囲まれ、探索で疲れた体を休める癒しの空間となっています。

 

成田山公園

成田山公園

成田山公園

成田山公園

成田山公園

成田山公園

成田山公園

成田山公園

 

うな重

ビール

 

参拝飯は成田の名物、鰻。
新勝寺の目の前にある名店「駿河屋」
うな重とビールに舌鼓を打ちました。

 

www.naritasan.or.jp

 

あの有名なお寺にお地蔵さんはいるのか?シリーズ
ぜひ他の記事もご一読ください。

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

 

成田山新勝寺へのアクセス

千葉県成田市成田1番地
京成電鉄 京成成田駅、JR線 成田駅より徒歩10分

 

 

この記事が面白いと思ったら、クリックの協力をお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

生身地蔵尊(岩船山 高勝寺)

岩船山山頂に建てられた高勝寺は日本三大地蔵の名刹として知られており、地蔵尊を本尊とする天台宗の末寺です。
地蔵信仰が盛んであった、いわば地蔵信者にとって聖地ともいえる場所。
この度遂にその地を訪れることができました。

 

【目次】

高勝寺の基本情報

高勝寺は天台宗のお寺で、山号は岩船山。
宝亀2年(771年)弘誓坊明願により開山。
本尊は地蔵尊(生身の地蔵尊
本尊は秘仏であり、年に1度秋彼岸の時公開されます。

 

寺号標

 

こちらからお寺を目指します。

 

階段

山頂へ

 

標高173m、600段の階段を登った山頂に建てられたお寺なので、ひたすら階段を上っていきます。

 

仁王門

仁王門

 

寬保2年(1742年)建立。
昭和62年(1987年、栃木県文化財に指定。

 

三重の塔

三重の塔

 

寬延4年(1751年)建立。
昭和48年(1973年)栃木県文化財に指定。
初重・二重は本繁垂木、三重は扇垂木、高さは19メートル。

 

鐘楼堂

鐘楼堂

 

18世紀頃建立。
平成8年(1996年)建物が栃木県文化財に指定。

 

本堂

本堂

 

かつての本堂は大正15年の火災で焼失。
現在の本堂は昭和2年(1927年)に再建されたものです。

 

血の池

血の池

 

奥の院

奥の院

 

弘誓坊明願が満願の日、岩に立った草庵の主が金色燦然たる地蔵尊の姿になった縁の地。
子授け祈願が満願となった方が生まれたお子さんを連れてお礼参りをする場所でもあるとのこと。
余談ですが筆者は高勝寺を訪れた年に娘を授かったので、ぜひお礼参りに再訪したいと思いました。

 

展望

 

山の上にあるお寺なので、晴れた日は見晴らしが素晴らしいです。

 

岩船山の由来

岩船山の由来

 

宝亀元年(770年)伯耆国大山に弘誓坊明願という名僧が住んでいた。
日頃、生きている地蔵菩薩を拝みたいと願っていたが、ある日、夢の中に尊いお仏様の声を聞いた。
下野国岩船山に登るべし、必ず生身の地蔵尊を拝すべし。」
明願は、限りなき法悦に浸りながら、下野の国への旅に出た。

長旅の後、ようやく岩船に着いたが、すでに日も西におち、戸毎一夜の宿を求めて歩いていたが、見知らぬ僧を泊めてくれる家はなかった。
途方に暮れた明願であったが、最後に山腹の草庵をみつけ、さいわい止宿が許された。
庵主は伊賀坊といい、月々の十八日、二十四日に山に登れば、生身の地蔵尊を拝むことが出来ると教えてくれた。
その話を聞いた明願の喜びは限りないものであった。

そんなある夜、村人が来て「伊賀坊おわすや、明日田を耕すから牛の鼻縄をとってくれ給え。」
また村人が来て「明日の屋根吹き替えに手を貸し給え。」
また別の村人が来たりて「明日の井戸掘りに手を貸し給え。」という願い一つ一つを快く承知した。

明願は不審に思い夜が明けて、伊賀坊が出かけた後村を廻った。
昨日約束をしたどの家にもいて、どの家でも懸命に働いていた。
やがて夜になりあれほど働き続けた伊賀坊であったが、明日は生身の地蔵尊を拝まんと云う。

次の朝、二人は未だ夜も明けきらぬ山路をよじ登った。山頂に立った時、折からの旭が美しく頂きの岩を染め、小鳥の声もさわやかに響いた。
明願は恭しく岩上に端座し、一心に願った。
やがて眼前の船形の大岩の上に金色漠然たる光を放った地蔵尊が現れた。
念願叶い明願はしばらく拝むことができた。

二人は連れだって草庵に帰り、所願成就した明願は帰国した。

翌年、再び岩船を訪れた明願は、さっそく草庵を訪ねたが草庵の跡もなく、村人も草庵のあったことや伊賀坊がいたことも知らない。
ただ山腹に地蔵尊があるのみである。
不思議なこともあるものと地蔵尊をのぞき込んだ明願は、その時、その顔が伊賀坊そっくりであることに気づき、はじめて伊賀坊こそが地蔵尊であった事を悟った。

明願はその地蔵尊を本尊として堂を建て、この地に留まって象生済度につくされた。
地蔵出現の地こそ奥の院船形の岩である。

 

引用:岩船山公式サイト

 

高勝寺で出会ったお地蔵さん

生身の地蔵尊

高勝寺のご本尊は、生身の地蔵尊
子授け、子育て、安産の地蔵尊でもあります。
秘仏となっていますが、彼岸供養の時にご開帳されます。

 

jizo-bosatsu.hatenablog.com

 

六地蔵

六地蔵尊

 

水子地蔵尊

水子地蔵尊

 

霊場

霊場

 

先祖の霊を弔うため、搭婆が本堂脇の霊場に供えられています。

 

西院の河原堂

西院の河原堂

賽の河原

 

西院の河原堂とは、俗に賽の河原のことで、賽の河原で地蔵が子供を救うことから、西院信仰もまた普及しました。
特に「一重積んでは父を呼び、二重積んでは母恋し・・」という地蔵和讃がこの西院信仰をさらに広めました。

 

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

地蔵菩薩像

地蔵菩薩像

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

お地蔵さん

地蔵菩薩像

お地蔵さん

お地蔵さん

 

地蔵信仰

全国的に詠われる「帰命頂礼岩船の…」に始まる岩船地蔵和讃の舞台は岩船山です。
徳川三代将軍家光の側室、お楽の方は岩船地蔵を信仰していました。 
江戸城に入る時、岩船から地蔵様をむかえて場内に祀り、子孫繁栄と武運長久を祈ました。
その御利益を得て生まれたのが四代将軍家綱といわれています

 

引用:岩船山公式サイト

 

御朱印

御朱印

 

高勝寺へのアクセス

栃木県下都賀郡岩舟町静3
JR「岩船駅」から徒歩15分

 

 

この記事が面白いと思ったら、クリックの協力をお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村