お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

お地蔵さんブログ 記事検索

スマホ版ですと、カテゴリーから記事が探せないので作ってみました

 

地域から探す

東京都(23区から探す)

 

お地蔵さんの種類で探す

 

お地蔵さんを50音で探す

 

コラム、ひとりごとなど

 

 

 

 

目青不動尊(最勝寺)

そういえば、まだ江戸五色不動巡りを回りきってないことに気がつきました
残りの五色不動巡りをしようと、この度三軒茶屋駅近くにある目青不動尊に訪れました
江戸五色不動についてはこちらの記事に書いてあります

jizo-bosatsu.hatenablog.com

最勝寺の基本データ

最勝寺天台宗のお寺です
山号は竹園山、院号は教学院
本尊は源信(恵心僧都)が創ったとされる阿弥陀如来


当初は山王城琳寺の末寺であったが、小田原城主・大久保加賀守忠朝の菩提寺となるに及び、東叡山寛永寺末寺となりました

jizo-bosatsu.hatenablog.com


有名な目青不動尊は礼所本尊となっています
関東三十六不動尊霊場の十六番ともなってます

最勝寺の歴史

応長元年(1311)玄応和尚により江戸城紅葉山付近に創建 諸説あり
康正3年(1457)江戸城築城のため麹町貝塚に移転、その後さらに赤坂三分坂青山墓地近辺)へ移転
慶長9年(1604)青山南町(百人町)に3000坪の土地を与えられ移転


百人町はその名の通り、百人の同心が住んでおり、そのうち三十七人が教学院の檀家に、六十三人が信者になり念仏講を結んでいたといいます
この講の維持に一人三合宛の米を奉納していたので「三合山」とも呼ばれ親しまれていました。この佛米拠出により閻魔堂(現在の不動堂)が建立され、双盤念仏が盛んに行なわれていました。


明治42~42年(1909~1911)太政官布告により現在地に移転
明治15年(1875)当時麻布谷町(現・港区六本木一丁目付近)にあった観行寺が廃寺、伴って本尊の不動明王像(秘仏)と前立の不動明王像が最勝寺に遷された。

三軒茶屋 最勝寺 山門

三軒茶屋 最勝寺 山門

山門

三軒茶屋 最勝寺 不動堂

三軒茶屋 最勝寺 不動堂

不動堂
目青不動尊を見ることはできませんが、不動堂をのぞき込むと、もう一体の不動様(前立の不動明王像)をうす暗い中見ることができるでしょう


特筆すべきは、不動明王像の右脇侍として閻魔大王が安置されているということ
お地蔵さんと閻魔大王は同一視されています

jizo-bosatsu.hatenablog.com

目青不動尊とは

残念ながら目青不動尊は、秘仏となっており見ることができません
天上界と地上界の間にたなびく青い空の色に基づく不動尊であることから、その名前が付けられたといわれています


慈覚大師円仁によって作られたとされており、天と地の連絡をしてくださる不動尊で、縁結びのご利益があるそうです

三軒茶屋 最勝寺 教学院

教学院

最勝寺にある著名な建造物など

  • チシャノキ(樹齢100年以上の巨木で世田谷区の銘木百選にも選ばれている、青山からの移転の際には荷馬車で運ばれました)
  • 小田原藩大久保氏・荻野山中藩(駿河松長藩)大久保氏・烏山藩大久保氏の歴代藩主の墓
  • 獣魂塔

三軒茶屋 最勝寺 獣魂塔

お地蔵さんも何体か見つけることができました

三軒茶屋 最勝寺 お地蔵さん

三軒茶屋 最勝寺 地蔵菩薩

最勝寺で行われている行事

お釈迦様を生花で飾り、ガクアジサイの葉を煎じた甘茶をかけたりするそうです

最勝寺へのアクセス

世田谷区太子堂4-15-1

東急田園都市線世田谷線 三軒茶屋駅より徒歩4分

地蔵菩薩像 天桂寺(南阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷に行く機会があったのでお寺巡りをしてきました
あんまりお寺の多いエリアではありませんが、それでもお地蔵さんのいるお寺を見つけることができました

天桂寺の基本データ

天桂寺曹洞宗のお寺で、山号は月光山
本尊は木造聖観音菩薩坐像

天桂寺の歴史

慶長年間(1596~1614)小田原北条氏の家臣、岡部忠吉が氏祖岡部六弥太忠澄を勧請開基として一庵を建てたのが始まり
寛永10年に(1633)頃、忠吉の子で旧田端村の領主となった幕府旗本岡部吉正が、中野成願寺6世鉄叟雄?和尚を招き、開山として伽藍を整えるなど寺院を整備
延宝3年(1675)吉正の孫岡部忠豊が葬られて以来、岡部家の葬地となりました。
安政3年(1856)大暴風にあって、建物は全て倒壊し、記録什宝類も破損腐朽。
大正12年(1923)現本堂が建立

阿佐ヶ谷 天桂寺 山門

阿佐ヶ谷 天桂寺 

天桂寺山門付近の様子

阿佐ヶ谷 天桂寺 本堂

天桂寺本堂

阿佐ヶ谷 天桂寺 道了堂

天桂寺道了堂

阿佐ヶ谷 天桂寺 地蔵菩薩像

天桂寺のお地蔵さん(寛政七年銘)

天桂寺にある著名な建造物など

  • 岡部六弥太澄武者絵(浮世絵師嶺斎泉里が描いたもので寺宝となっています)
  • 聖観音石像(俗に「庚申観音」と呼ばれる珍しい石仏、寛文四年(一六六四)銘)
  • 岡部氏一族の墓附位牌(杉並区区指定文化財

天桂寺へのアクセス

杉並区成田東4-17-14

東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」より徒歩3分

塩地蔵(心法寺)

塩地蔵と呼ばれるお地蔵さんが色んな場所に存在します


その名の通り塩に埋もれているお地蔵さんで、自分の体の治してほしい部分と同じ場所にお地蔵さんいに塩を塗ってお祈りするとご利益があるとされるものが多い気がします

jizo-bosatsu.hatenablog.com

麹町にある心法寺にいらっしゃる塩地蔵もまた体に塩を塗ってお参りするお地蔵さんです
墓地内にある六地蔵とともに200年以上の歴史があり、麹町の史料にも記述があります
身体健康にご利益があるとされています

心法寺の塩地蔵

心法寺の塩地蔵(右側)

心法寺の塩地蔵(左側)

塩地蔵のある心法寺とは

心法寺は慶長2年(1597)に開かれた浄土宗のお寺です
千代田区内で唯一江戸時代江戸時代初期からの寺院となっています

開山は然翁聖山上人、開基は徳川家康
山号は常栄山、本尊は木造阿弥陀如来坐像
東京三十三観音霊場15番札所ともなっています

心法寺の歴史

元々は推古天皇の頃三河国に創建された寺院で、当時は秦宝寺と称していました
心法寺として起立したのは慶長2年(1597)徳川家康の入府に従ってのことです

心法寺開山の然翁聖山上人は三河国から天正18年(1590)に徳川家康といっしょに江戸にやってきました
三河国に帰ろうとした上人を家康が引きとめ、当初は市ヶ谷に広い寺地を与えました
しかし「衣食が十分だと僧侶が怠け者になってしまう」「江戸に移住した町人たちのために大衆的なお寺にしたい」という二つの理由で断り、現在の地に建てられることになりました

天保9年(1838)心法寺から出火、寺と麹町の多くが焼かれてしまいました
天保11年(1840)に中屋敷内御殿が払い下げられ、弘化4年(1847)に復興しました。

江戸時代には有名であった閻魔様もあったのですが、東京大空襲の際に焼かれてしまったそうです
閻魔様とお地蔵さんは同一なので、焼かれたのは非常に悔やまれます

jizo-bosatsu.hatenablog.com

本堂

心法寺の本堂

心法寺の文化財

・井沢弥惣兵衛為永の墓
・竹尾善筑の墓
・真野是翁の墓
麹町区役所職員殉職碑

塩地蔵(心法寺)へのアクセス

・木造阿弥陀如来坐像

この心法寺に伝えられる本尊「木造阿弥陀如来坐像」は、像高109.0cm(3尺5寸9分)、ヒノ材寄木造りで漆箔を施し、おおむね12世紀最末から13世紀第一四半期までの製作と考えることができます。すなわち本像の像容・面貌は平安時代後期、11世紀に仏師定朝が完成した定朝式に基本的にしたがうもので、寄木造りの手法にも、その直の特色をしめしていますが、胸腹部など厚く量感をもった体躰などには、鎌倉時代初頃に成立した新様式の影響がうかがわれます。この点からすれば、本像は鎌倉時代にはいってからの製作と考えるのが自然でしょう。ただし後頭部、左腕の一部と右腕の全部など補修部分が多く、製作当所の像容をかなり損ねており、従って製作年代の確定を困難にしている点も否めません。しかし平安時代後期の面影をのこす鎌倉時代初期の、等身大をうわまわる大きさの像が都心の寺院に遺存することは貴重な事例です。

引用:境内の掲示

 ・紙本着色仏涅槃図

心法寺には、「紙本着色仏涅槃図」も伝わっています。本件は、沙羅双樹の下で釈迦が入滅する姿を描いた仏画です。中央の釈迦には箔が貼られ、横158.4cm。本図の画面上部の構成は、仏画の典型に従っており、類型的に描かれています。これに対し、画面最下段の部分には、多くの鳥獣が凝縮して描かれています。これら動物が釈迦の入滅に際して泣き、嘆き悲しむ姿で描かれるのが普通ですが、本図ではほとんどの動物が嘆き悲しまず冷静な姿で、いわば写実的、博物学的に描かれています。そしてこのような博物学的な写生図の気運が高まるのは、一般に享保時代以降とされています。また図中には、「伯喬図」との落款があります。この伯喬については、「武江年表」元文元年(1736)8月の記事に「品川(北番場)天竜寺に、呉道子の筆南海補堕山鎮海寺立石観世音像を写して碑を立つる(素人斎伯喬之を写す、加藤氏造立)」とあります。以上のことから本図は、享保・元文年間(1716-41)に作製された作品であると思われます。

引用:境内の掲示

 ・銅製鐘楼

心法寺の鐘楼

・水盤
・下野皆川藩松平家墓所
庚申塔

心法寺の庚申塔

心法寺にある著名人の墓

・井沢弥惣兵衛為永の墓
・竹尾善筑の墓
・真野是翁の墓
麹町区役所職員殉職碑

塩地蔵(心法寺)へのアクセス

千代田区麹町6-4-1

JR四ツ谷駅より徒歩5分

吉祥寺御縁地蔵

吉祥寺にお地蔵さんがシンボルとなっているビルがあると聞いて行ってきました
じぞうビルのエントランスに立っている吉祥寺御縁地蔵

 

吉祥寺御縁地蔵 全身

まさかビルの名前までじぞうの名が付いているとは思いませんでした
いったい何故じぞうビルが建てられ、お地蔵さんが置かれるようになったのか?
調べていくうちに意外なことがたくさん分かりました

なぜじぞうビルという名前が付いているのか?

それは株式会社じぞう屋という会社がビルの運営管理を行っているからです

会社名の由来はお地蔵様のように地域に愛され、地域を笑顔にする企業に目指したいという理念からです

ちなみにじぞうビルは2つあり、御縁地蔵がいらっしゃるのは(第一)じぞうビルですので場所を間違えないよう

じぞうビルには何が入っているの?

御縁地蔵がいる1階にはカフェやかき氷さんなど4つの飲食店

ビル全体では8つの飲食店が入ってます

個人的には地蔵の名前が冠されたZIZO BARに惹かれます

吉祥寺 ZIZOBAR zizoya.co.jp

吉祥寺御縁地蔵とは?

恋愛成就、縁結びで全国的に有名な幸福地蔵がある京都の鈴虫寺

その鈴虫寺のお坊さんに開眼供養して頂き、吉祥寺の地域の皆さんの共に「日本一笑顔の素敵なお地蔵様」を目指して建立したのが「吉祥寺御縁地蔵」なのです

確かに素敵な笑顔をしていらっしゃいます

吉祥寺御縁地蔵

愛する吉祥寺の街から人と人を繋ぎ笑顔の輪を広げたい
そんな想いのこもったお地蔵さまです

吉祥寺御縁地蔵のお参りの方法

1.お賽銭を入れて紅白の組紐を1本取ります 吉祥寺御縁地蔵の近くに置かれている紅白の組紐

2.組紐をお地蔵様の錫杖から垂れる太い紐にしっかりと結びます

お地蔵さんの錫杖に結ばれた紅白の組紐

3.名前と住所を伝えてお願い事をします

お願いをした人の組紐がこんなにたくさんありました

お願い事をした人のたくさんの紅白の組紐

恋みくじやお守りも売ってます

1回100円の恋みくじを引いてみました

吉祥寺にある恋みくじ

恋みくじから出てきたガチャポン

ガチャポンから出てきた恋みくじ

結果は・・
中吉でしたが、あまり愛情運は良くないと書かれていました↓↓

8月にはお地蔵さんの縁日地蔵盆も開催されます

既に6回開催されている、お地蔵さんの縁日「地蔵盆

jizo-bosatsu.hatenablog.com

主に近畿地方で行われている行事ですが、都内で行われるのは珍しいです

屋台や出店などで賑わうみたいですので、機会があれば参加してみたいですね

吉祥寺御縁地蔵へのアクセス

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-9 吉祥寺じぞうビル 1階エントランス内JR、京王井の頭線 吉祥寺駅から徒歩2分

月窓寺(げっそうじ)吉祥寺

こちらも吉祥寺でお寺巡りをしたときに見つけたお寺です


サンロードという商店街に面しているので、入り口を見かけたことがある人もいるかもしれません
但しサンロード側の入り口は閉められていることが多いので、境内に入るには回り込む必要があります

吉祥寺 月窓寺の山門

山門

前回紹介した光専寺、そして安養寺、蓮乗寺とともに「四軒寺」と呼ばれています

jizo-bosatsu.hatenablog.com

吉祥寺 月窓寺

 

月窓寺(げっそうじ)は曹洞宗のお寺で、雲洞山天暁院と号します。
牛込宝泉寺五世洞巌により、開山、創建されました
本尊は釈迦牟尼佛像

吉祥寺 月窓寺の本堂

本堂

吉祥寺 月窓寺の観音堂

観音堂

中に入っている乾漆造白衣観音坐像は元禄年間(1688~1704)に京都の大仏師によってつくられたもので、市の文化財に指定されています。


7月24日と8月の第一土曜日(日曜の場合も)に開帳され、その姿を見ることができます
かっては土地の馬頭観音信仰と結び付き、「馬掛けの行事」が盛大に行われていました。

吉祥寺 月窓寺の玄奘三蔵法師像

玄奘三蔵法師像

吉祥閣落慶を記念して、名栗の鳥居観音願主、平沼弥太郎氏の御厚意により、同氏作像の元型より鋳造させて頂いたものとのこと

10月の下旬には、薪能が行われ、その時期にはサンロードのBGMもお囃子となるみたいです


サンロードやハモニカ横丁といった辺りの土地の所有者は月窓寺であるので、その意向は絶対的なものであるということも調べるうちにわかりました
ここでは詳細は述べませんが、興味のある方はネットで調べると色々出てきます

ほうきを持って掃除しているお地蔵さん

ほうきを持ってお掃除してるお地蔵さん

吉祥寺 月窓寺のお地蔵さん


【アクセス】
武蔵野市吉祥寺本町1-11-26JR吉祥寺駅より徒歩5分

箪笥(タンス)地蔵 光専寺【吉祥寺】

吉祥寺でお寺巡りをしてきました

 

ちなみにこの地には吉祥寺という名前のお寺はありません
吉祥寺という名前のお寺は本駒込にあります


どうして武蔵野のこの地が吉祥寺と呼ばれるのかもあわせて過去の記事で紹介しているので、良かったら読んでみてください

jizo-bosatsu.hatenablog.com

吉祥寺 光専寺

光専寺は浄土宗のお寺で、観誉によって開山、創建されました
山号は月窓山、院号は井の頭院 本尊は阿弥陀如来
蓮乗寺、月窓寺、安養寺とあわせて「四軒寺」と呼ばれています

吉祥寺 光専寺の山門

山門

吉祥寺 光専寺の本堂

本堂

このお寺にはに箪笥(タンス)地蔵がいらっしゃいます
享保年間に流行った疫病で亡くなった子供たちの供養と助かった子供の延命を祈願して、箪笥を改造した厨子にお地蔵さまを納めて各地を巡歴したことが基となっています

秘仏ではなく、お願いすれば見せてもらえるとの情報も・・再訪する必要がありそうです

吉祥寺 光専寺の地蔵堂

地蔵堂

中を覗いてみましたが、中にいらっしゃるのは不動明王像のように見えました
地蔵堂と呼ばれているのはなぜなのでしょうか?

吉祥寺 光専寺のお地蔵さん

吉祥寺 光専寺の水子地蔵尊

水子地蔵尊

吉祥寺 光専寺のかわいいお地蔵さん

こんなかわいらしいお地蔵さんも

【アクセス】
武蔵野市吉祥寺本町1-10-21JR中央線井の頭線 吉祥寺駅より徒歩7分