お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

お地蔵さんブログ 記事検索

スマホ版ですと、カテゴリーから記事が探せないので作ってみました

 

地域から探す

東京都(23区から探す)

 

お地蔵さんの種類で探す

お地蔵さんを50音で探す

 

コラム、ひとりごとなど

 

 

 

 

ありがとう地蔵尊・身代わり地蔵尊(桶川市)

桶川 身代わり地蔵尊

この記事では先日、桶川に女郎買い地蔵を見に行った際、周辺で見つけたお地蔵さんを紹介していこうと思います。


【目次】

ありがとう地蔵尊

桶川 ありがとう地蔵尊

 

女郎買い地蔵のある大雲寺から駅に向かって、歩いていた時に見つけたありがとう地蔵尊
まるかのう本店の横で道行く人を見守るように立っています。

身代わり地蔵尊

桶川 身代わり地蔵尊

 

以下
身代わり地蔵尊の由来より抜粋します。

 

一心孝童子 森一男と云う少年がおりました。
健康で大変頭が良く、それにとても性根のやさしい少年でもありましたが、小学5年の春(昭和12年4月18日)
現在の蔵田医院院長に祭られてあった浅間神社の大沼にオタマジャクシをすくいに行き、あやまって足をすべらせ、幼くして他界してしまいました。
その不慮の死を悼み、その霊を慰めようと市内の小学生及び父兄達から、又主婦の友社の協賛で全国から壱銭ずつ合わせて壱千円の浄財が寄せられました。
昭和13年にこのお金を基金として子供たちが元気に育っていくのを見守れるように南小学校に向かってこの身代わり地蔵尊を建立いたしました。
昨今の少年少女の非行、自殺問題そしてますます高齢化していく社会環境を考えると大勢の方々の心の支えと励ましになりますようにこの「お守り」をつくらせていただきました。

昭和61年7月18日
願主 森昭二

 

森昭二さんとは、亡くなった一男ちゃんの父親でしょうか?
手を合わせて冥福を祈りました。

身代わり地蔵尊へのアクセス

埼玉県桶川市寿1-15-4

女郎買い地蔵(大雲寺)

桶川 大雲寺 地蔵

埼玉県桶川市の大雲寺には、女郎買い地蔵というお地蔵さんがいます。
名前を聞く限りだと、お地蔵さんにも俗っぽい一面があるのかな?と思わずにやけてしまいます。
どうしてこのような名前が付けられたのでしょうか?
お寺の基本情報と共に紹介していきたいと思います。


【目次】

大雲寺の基本情報

大雲寺は曹洞宗のお寺で、山号龍谷山
弘治3年(1557年)に開山、本尊は馬頭観世音菩薩
足立坂東三十三箇所霊場の第2番札所にもなっています。

寺号標

桶川 大雲寺 寺号標

山門

桶川 大雲寺 山門

通常山門からは入れなくなっているみたいです。

本堂

桶川 大雲寺 本堂

鐘楼

桶川 大雲寺 鐘楼

桶川 大雲寺 庭園

庭園がきれいに管理されています。

桶川 大雲寺 休憩スペース

座って休めるスペースも。

かえるとドラえもんの石像

ドラえもんピカチュウの石像も。

女郎買い地蔵

桶川 大雲寺 3体の地蔵

境内に3体並んだ右端のお地蔵さんが女郎買い地蔵です。
その名前に謂れについてはこのような逸話があります。

 

賑わいのある宿場なら多くがそうであるが、ここ桶川の宿にも飯盛女(めしもりおんな)が大勢いて、女色に溺れる男たちを飯盛旅籠に引き入れていた。
そのような町で、土地のお地蔵さまが女を買いに出掛けているらしいとの噂が立った。
それを耳にした寺の住職は困り果てたが一計を案じ、件(くだん)の地蔵の背に鎹(かすがい)を打ち付け、鎖で縛って動けなくしてしまったとのことである。
さても不思議な話ではあるが、実のところは、一人の飯盛女に熱を上げ、通い詰めた若い僧にまつわる小さな事件の顛末(てんまつ)であったらしい。
坊主頭を布で隠して人目を忍ぶ様子のこの若者を怪しんでいたある人が、その後をつけてみたところ、最後に大雲寺の中へ帰っていったというのである。
このことを知らされた住職は、必ず見つけ出して仕置きすると約束をした。
すると、次の日になって、鎹と鎖で動きを封じられたお地蔵さまが立っていたのである。
住職は煩悩多き若い僧に、その罪を地蔵菩薩に被っていただくゆえ、以後は心を入れ替えて精進するよう諭し、一件を落着させたのに違いない。
地蔵の背には、今も鎹が残っている。

 

何と!ことの顛末はお地蔵さんが若い僧の罪をかばったことでした。
確かに女郎買い地蔵の背後には、鎹が今でも残っています。

桶川 大雲寺 女郎買い地蔵

大雲寺のその他のお地蔵さん

子育て地蔵尊

桶川 大雲寺 子育て地蔵尊

桶川 大雲寺 お地蔵さま

桶川 大雲寺 石仏群

大雲寺へのアクセス

桶川市西1-10-24
JR桶川駅より徒歩9分

谷戸閻魔地蔵堂

地蔵と閻魔大王

閻魔大王とお地蔵さんの関連性については、当ブログでも何度かふれてきました。

jizo-bosatsu.hatenablog.com


閻魔大王の手のひらに乗ったお地蔵さんを紹介したこともあります。

jizo-bosatsu.hatenablog.com


今回は谷戸閻魔地蔵堂を紹介したいと思います。
お堂の中に閻魔大王とお地蔵さんが並んでいます。
約300年前からこの地に鎮座している歴史のあるお地蔵さんです。

谷戸閻魔大王延命地蔵尊の由緒

谷戸閻魔地蔵堂

江戸時代、東海道品川宿川崎宿の中間に位置する東・西・北の大森村の中に「谷戸宿立場」と呼ばれた地域があり、馬繋ぎ場や水飲み場があって、人足や旅人が休息する場所で「間の宿」とも呼ばれていた。
現在はバス停留所に「本宿」という名をとどめている。
この谷戸の地に「四日講」の庶民信仰がいつの時代から生まれたのか、記録は残っていない。
堂内のお地蔵さまには、寛文五年(1665)の銘があることから、凡そ340年もの間、ここにお祀りされていたことになる。
閻魔大王像には製作年代の明記はないが、像の古さから推測すると、古き時代からこの地に安置されたものと思われる。
340年もの間、幾多の戦火や災害を乗り越えて、損傷はあるものの、歴史が刻み込まれた像には、慈悲の微笑を感じてならない。
人が亡くなって49日間を中陰という。
57日に当たる35日、亡者は閻魔大王の審判を受け、お地蔵さまのご慈悲におすがりして、仏の道を一歩一歩浄土にへ近づくのである。
平成16年6月、第一京浜国道の拡幅に伴い、お堂を新築いたし、二像を東方に向けて安置した。
それに伴い地蔵尊が激しく痛んでいた為、平成18年12月に修復した。
長年親しまれてきた「四日講」の講名を、お地蔵さまと閻魔さまが共に、中陰の57日忌の仏さまであることから「57日講」と改めた。
乞い願わくは、末永く国家安穏、万民和楽、谷戸の人々の子孫繁栄を祈念するものである。

平成18年12月吉日

57日講
本宿会 有志 

 

谷戸閻魔地蔵堂に掲げられていた説明書きから引用しました。

延命地蔵

谷戸延命地蔵尊

閻魔大王

閻魔大王

お堂が閉じられていたので、隙間から撮影しました。
春と秋に行われるお祭りの際には、開帳されるみたいです。

youtu.be

谷戸閻魔地蔵堂へのアクセス

東京都大田区大森西5-27-7

大塚地蔵尊

大塚地蔵尊

東京都文京区にある大塚公園には、大塚地蔵尊がいらっしゃいます。
大塚公園は近隣の多くの人が利用する憩いの場。
ラジオ体操発祥の地としても知られており、現在も毎朝ラジオ体操に利用されているそうです。


【目次】

大塚公園

大塚公園

ラジオ体操発祥の地

1928年開園
当時、東京市公園課長であった井下清氏が欧米風の設計施工で造園したもの。
1988年(昭和63年)から1991年(平成3年)に大規模な改修。

大塚地蔵尊

大塚子育地蔵尊

公園内にある数体の石仏。
往時の里人が豊作と二世安楽を祈願し奉造立したものとのこと。
年代が判明しているものだけでも、300年以上前のものとなっています。

大塚公園の地蔵尊

元来は大塚辻町(現大塚5丁目9番)の路傍に置かれていたしたが、昭和20年に第二次世界大戦の被災により大塚公園に移されました。
地蔵のほかに大日如来像、観音像もありました。

youtu.be

 

公園や隣接する場所にお地蔵さんがいるのは珍しいことではありません。
当ブログでも公園内にいらっしゃるお地蔵さんを何度か紹介してきました。

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

大塚地蔵尊へのアクセス

東京都文京区大塚4-48-8

六地蔵など(静岡 大覚寺)

何週かに渡って静岡のお地蔵さんを紹介してきました。
今回は完結編として、日本一の千手観音がある大覚寺を訪問。
お地蔵さんで有名なお寺ではありませんが、紹介してみたいと思います。

大覚寺の基本情報と歴史

大覚寺曹洞宗のお寺で、山号は玉光山、院号は全珠院。
嘉祥三(850)年、嵯峨天皇御領、入江荘を開き、真言宗大覚寺が開創。
永延二(998)年、荘園郷主大覚寺屋敷「本家 槇田家」の菩提寺として天台宗善修庵にひきつがれます。
弘治三(1553)年曹洞宗全珠院に改められました。
平成十五(2003)年本尊が新たに、千手観音の大仏となりました。

寺号標

静岡 大覚寺 寺号標

玉光山全珠院方丈

玉光山全珠院方丈

方丈建築様式で建てられた建物。
方丈の語源は中国にあって、往持(寺の住職)の居室、居所を意味するとのこと。
現在は檀家への接客空間としての客殿などとして使用されています。

大仏堂

静岡 大覚寺 大仏堂

静岡 大覚寺 参道

千手観音と両手とこの柱はつながっており、柱に体を密着して祈れば、観音様から差し出された両手の中で祈るのと同じ御利益があるといわれています。

焼津千手大観音

焼津千手大観音

著名な大仏師、渡邊勢山氏が、樹齢三百年~四百年の木曽ヒノキを使って造仏。
鎌倉時代の仏師・湛慶の作で知られる京都三十三間堂の丈六千手観音を超える像高4.2メートル、仏頭1.8メートルの日本最大の千手観音となりました。
千手観音はあらゆる願いにご利益のある観音様ですが、特に健康にご利益があるとのことです。

大覚寺のお地蔵さん

静岡 大覚寺のお地蔵さん

六地蔵

静岡 大覚寺 六地蔵

www.daikakuji-zenshuin.jp

黒潮温泉

足湯

JR焼津駅前には、黒潮温泉という足湯がありました。

静岡おでん

静岡旅行のラストは、おでんとビールで〆ました。

大覚寺へのアクセス

静岡県焼津市大覚寺1-19-1

縁結び地蔵(静岡県 蓬莱橋)

蓬莱橋で「誠一庵」というギャラリーを構えている土屋さんを訪問。
再会することができたので、記事を修正再アップしました。


蓬莱橋という世界一長い木造歩道橋。
そのほとりに土屋さんのギャラリー「誠一庵」があります。
週末は石地蔵の制作をしているという土屋さんを訪問、再会することが叶いました。


【目次】


せっかくなので、土屋誠一さんのプロフィールなどを紹介したいと思います。

土屋誠一さんのプロフィール

彫刻家
サンドブラストアート作家

 

平成14年 ふくろう・オブジェなど石彫刻作品を発表。
人の暮らしに一番近い存在であり、精神的な世界観を持つ地蔵に惹れ、現在の石地蔵を中心とした制作活動に至る。
    
幼いころより、絵を描くこと、工作などに時間を忘れて夢中になる少年時代。読書や合気道など精神的・哲学的世界観に関心を持つ。

 

40歳でサンドブラストガラス彫刻の技術を習得し独立する。
初の個展をきっかけに、自分のアイデア、個性を見いだし、サンドブラスト工芸では、前例のない素材であるタイル、石、デニムなどに施し業界では異端児として注目されるようになるが、機械的な物づくりに疑問を感じ、立体的で精神的な作品に惹かれ、手彫りの石彫刻の修行に入る。

 

平成14年 初個展を開催、その後 国内をはじめイタリア、ボストンなどで作品展を経験するとともに、フィレンツェ(伊)では現地で地蔵彫刻をする。
平成28年より、人の心を癒し寄り添いたいと縁結び地蔵を製作する。

石地蔵 パンフレット

土屋誠一さんの略歴

平成元年 サンドブラストでガラス彫刻を始める。
  6年 静岡オリジナルクラフト展で静岡市文化団体連合会長賞
  8年 国民文化祭富山市)工芸部門入選
  9年 静岡県工芸展入選、静岡静岡オリジナルクラフト展入賞
  11年「ぎゃらりー誠一庵」オープン 
  13年 日本ブラストアート協会(JABA)設立発起人
  16年 デニムブラストアート作品を発表
  18年 石彫刻に取り組み始める
  20年 フィレンツェ(伊)地蔵讃歌 出展参加
  22年 フィレンツェ(伊)現地にて地蔵彫刻
  23年  東京豊島区 石彫ふくろう像制作設置
  24年 ネオジャパニズム委員会inボストン展覧会 銀賞
  27年 島田市往還下区画整理事業 記念碑、銘板 デザイン制作
  28年 島田市制10周年記念 地蔵モニュメント 制作
  29年 ふじのくに芸術祭 凖奨励賞

土屋誠一さんの作品

土屋誠一さん制作の石地蔵

土屋誠一さんの作品

銀座のギャラリーに展示されていたものです。

土屋誠一さんと管理人

一緒に写真を撮ってもらいました。
私のお顔は恥ずかしいのでボカシで・・

土屋誠一さんのウェブサイト

owl-dream.com

蓬莱橋とは

静岡県 蓬莱橋

 

大井川にかかる蓬莱橋(ほうらいばし)は、全長897.4メートル、通行幅2.4メートルの木造歩道橋です。
現在も農道として利用されており、貴重な歴史的土地改良施設として県内外から多数の観光客が訪れています。
国内でも数少ない賃取橋(ちんとりばし)として有名で、平成9年12月30日には「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてイギリスのギネス社に認定されました。
渡橋料金は大人100円、小学生以下の子供は10円となっています(2020年2月現在)

引用:島田市ウェブサイト「蓬莱橋の概要

 

蓬莱橋から見る富士山

橋の中ほどからは富士山を見ることができました。

土屋誠一さんと再会

作業する土屋誠一さん

土屋誠一さんの作業場

橋を渡り切ったふもとで、制作活動をされていた土屋さん。
声をかけると手を休め、お話をしてくれました。

誠一庵

誠一庵

ぎゃらりー「誠一庵」では、土屋さんの作品などを購入することができます。

縁結び地蔵

縁結び地蔵 蓬莱橋

土屋誠一さんの作成した縁結び地蔵

土屋さん制作の縁結び地蔵。
良縁・恋愛などにご利益があるそうです。

牧之原の台地へと上る山道にも見どころが

牧之原台地へ向かう途中で出会った七福神様

牧之原台地へ向かう途中で出会った七福神

大黒天

橋を渡って山道を登っていくと、蓬莱七福神様たちが出迎えて?くれました。

牧之原台地から見下ろす茶畑

牧之原台地の上からは茶畑が広がっていました。
この茶園を管理するために今でも蓬莱橋は農道として利用されているのです。

蓬莱橋で見つけたお地蔵さん

蓬莱橋ではもう一体お地蔵さんを見つけました。
土屋さんのお話だと、こちらはこの付近で行方不明になった子供を供養するために建てられたお地蔵さんだとか

蓬莱橋へのアクセス


静岡県島田市南2-22-14
JR島田駅より徒歩20分