お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

水主町(かこまち)地蔵尊堂

広島市中区の住吉橋西詰北側に水主町(かこまち)地蔵尊堂というお堂があり、7体のお地蔵さんが祀られているのを見つけました。
どのような理由で、この地に祀られているのでしょうか?少し調べてみました。

 

【目次】

 

水主町(かこまち)地蔵尊堂とは

水主町(かこまち)地蔵尊堂

 

遠い昔にインドから隠岐島に伝来したと言われる「顎(あご)なし地蔵」を浅野藩時代(1619~1871)に水主(船頭、ふなのり)が、大河から浅野家の紋所(もんどころ)のある提灯(ちょうちん)と共に水主町(現広島市中区羽衣町付近)に持ち込み、お堂を造ってお祀りしたと古くから語り継がれています。
地蔵尊堂は、以前「水主町348-1」にあり、十坪の土地に木造の寄棟造の正面二間に奥行き三間の堂宇で、地獄極楽の天井図があったが、原爆投下によって灰燼に帰した。
さらに新都市計画で、その土地は、今の吉島通りとなった。
そこで近くの篤志家が同家の敷地内に堂を造って祀った。
その後新たに五体の地蔵が持ち込まれた。
祭祀は、地域の世話人が子供の参加を得て例年営んできた。
太田川河川改修工事に伴い、この地に平成八年五月二十一日移転造営が決まった。
これを機に有志で地蔵尊奉賛会を結成した。
会員一同協力して地蔵尊の教えを広め、永くこの志を伝えたい。

 

説明書きから引用しました。

 

説明によると、顎(あご)なし地蔵に五体の地蔵が持ち込まれたとありますが、実際に祀られている地蔵様は七体。
説明書きにない原爆地蔵尊というお地蔵さんが後に加わったのでしょうか?

 

顎(あご)なし地蔵といえば、川越の広済寺にも同名のお地蔵さんがいたことを思い出します。
意外にも珍しくない名前のお地蔵さんなのでしょうか?

 

jizo-bosatsu.hatenablog.com

 

水主町(かこまち)地蔵尊堂に祀られているお地蔵さんのご利益

子安地蔵尊、顎なし隠岐地蔵尊

原爆地蔵尊、延命地蔵尊

伊豫立江地蔵尊、子育て地蔵尊

賽河原地蔵尊

 

 

原爆地蔵尊についての記載はありませんでした。
伊豫立江地蔵尊についてもご利益ではなく、伊豫立江という地域?から伝来したお地蔵さんということを記載したものと思われます。

水主町(かこまち)地蔵尊堂へのアクセス

広島県広島市中区住吉町25

広島市旧太田川にかかる住吉橋

住吉橋西詰付近

広島市旧太田川に渡された住吉橋西詰付近です。
この近くに水主町(かこまち)地蔵尊堂があります。