お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

文京区で見つけたお地蔵さん

一言地蔵尊など(護国寺)

護国寺に「一言地蔵尊」という変わった名前のお地蔵さんがあると聞いて行ってきました駅の名前に使用されているくらいだから「きっと有名なお寺なんだろう」ほとんど予備知識のないまま訪れました 護国寺は真言宗豊山派の大本山で神齢山悉地院と号します5代…

縛られ地蔵尊(林泉寺)

以前葛飾区東水元にあるしばられ地蔵を紹介しました調べてみると都内には他にも「しばられ地蔵」と名付けられたお地蔵さんが存在することが分かりました jizo-bosatsu.hatenablog.com しばられ地蔵があるのは茗荷谷にある林泉寺は曹洞宗のお寺で、慶長7年(…

小石川周辺のお地蔵さん(伝通院、真珠院、法傳寺)

伝通院は浄土宗のお寺で、無量山寿経寺と号します。小石川 伝通院と呼ばれることもあります。本尊は阿弥陀如来像 浄土宗中興の祖了誉聖冏上人が応永22年(1415)に小石川極楽水に創建。慶長8年(1603)徳川家康公の生母於大の方(法名傳通院殿)埋葬に際して…

東都六地蔵(千駄木)世尊院

東都六地蔵はわずか二体が現存するのみとなっており、その二体目を見に千駄木まで行ってきました jizo-bosatsu.hatenablog.com このお地蔵さんは空無上人が元禄の頃(1688-1704)に建立したものとなります路上に立っているように見えますが、元々は本堂が戦…

延命豆腐地蔵尊(喜運寺)

喜運寺は曹洞宗のお寺で光國山と号します。源室氷高大和尚(慶長五年寂)が開山となり、起運寺と号して慶長3年(1598)桜田に創建、神田駿河台・お茶の水への移転を経て明暦大火の後当地へ移転されました現在の名前「喜運寺」となったのは、元禄4年(1691)…

とうがらし地蔵(福聚院)

せきどめ地蔵(通称とうがらし地蔵)がある福聚院は浄土宗のお寺で霊應山鎮護寺と号します。安永3年(1774)に創建され、本尊は小石川七福神の大黒天です福聚幼稚園が併設されているせいか、あまりお寺っぽくない雰囲気になってます 本堂 大黒様 朽ちかけた…

こんにゃく閻魔(源覚寺)

後楽園駅に近い文京区にある「源覚寺」は浄土宗のお寺で、寛永元年(1624年)、定誉随波上人により開創されました 現在までの間に明暦の大火など4度の火災、そして太平洋戦争の東京大空襲の際にも本堂への延焼は免れました※老朽化が進んだ為、現在の本堂は1979…

坂下平和地蔵尊・延命地蔵尊(千駄木)

最近観光客も多く、注目を浴びている谷根千千駄木の「よみせ通り」という商店街に「延命地蔵尊」と「水洗地蔵尊」という地元の人々に愛されているお地蔵さんがあります毎月24日にはこのお地蔵さんの縁日があって大勢の人で賑わうのだとか何だか地蔵盆みたい…

江戸六地蔵【東都歳時記】ぼけ地蔵 瑞泰寺(ずいたいじ)

瑞泰寺(ずいたいじ)は浄土宗のお寺です当初は天正17年(1589年)神田に桂芳院として創建され、元和8年(1622)に名称を瑞泰寺と改めました 入り口に象がいるのがユニークですね ぼけ地蔵?お祈りしたらぼけ防止になるのでしょうか? 江戸六地蔵(東都歳時…

お地蔵さん密集地帯(駒込~本駒込)

駒込~本駒込の本郷通りには多数のお寺が密集しており、中には当然のことながらお地蔵さんのあるお寺も多数存在します 江岸寺は曹洞宗のお寺で鳥居忠政が開基となり、慶長元年(1596)お茶の水付近に創建されました 忠政の父元忠は家康に仕えて長篠の合戦等…