お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

お化け地蔵(松吟寺)

台東区橋場というあまり聞き慣れない場所に「お化け地蔵」という珍しい名前のお地蔵さんがいるということを知り、行ってきました
いったいどうしてこんな名前が付けられているのでしょうか?
そしてお化け地蔵が3メートル余りの巨大なお地蔵さんということにも驚いてしまいました


【目次】

お化け地蔵とは

お化け地蔵

お化け地蔵の名前の由来には、かつて大きな笠をかぶっていて、その笠が向きを変えたから
高さ3メートル余りと並外れて大きいからなど諸説あるみたいです


巨大なお地蔵さんといえば、江戸六地蔵(270㎝前後)首切り地蔵尊(4メートル近く)を思い出しますが、お化け地蔵もなかなかの大きさです

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

お化け地蔵は、享保6年(1721)の建立
関東大震災で二つに折れたが、補修し現在にいたっています。補修の際には頭部も取り換えられたとのこと
常夜灯は、寛政2年(1790)に建てられた。

地蔵尊の石碑

松吟寺の基本情報と歴史

一見して路傍のお地蔵さんと思ってしまいますが、お化け地蔵は松吟寺というお寺の境内にあります
松吟寺は曹洞宗のお寺で、寛永2年に総泉寺の庵室松吟庵として創建されました
開山は前永平勅特賜大智恵光禅師円月江寂

 

元来この一帯は、室町時代以来、禅宗の総泉寺の境内でした
門前一帯に立っていた大きな石地蔵(お化け地蔵)を維新の際に総泉寺入口に移したとのこと

 

その後総泉寺は、昭和4年板橋区へ移転しました
「お化け地蔵」近くにある「元総泉寺境内諸仏供養の為」の碑は移転に際し建てられたものと思われています

松吟寺とお化け地蔵

お化け地蔵へのアクセス

東京都台東区橋場2-5-3