読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

子育て地蔵尊(清澄白河)

清澄白河の霊厳寺に江戸六地蔵を見に行った時に発見した子育て地蔵尊です
こちらは白笹稲荷神社の隣で見つけたものです

f:id:jizo_bosatsu:20170301193036j:plain


そもそも清澄白河周辺には寺院が多く、お寺がある度にお地蔵さんがいないかのぞいて回っていたのですが、まさか神社の隣にお地蔵さんがいるとは!?
地蔵菩薩仏教の概念である為、通常は寺院の中に祀られているのが大半。対して神社は神道の建物なので中にお地蔵さんがいることはあまりありません。


扉が閉まっていたのですき間から撮影しました

f:id:jizo_bosatsu:20170301193120j:plain


既に100年以上歴史があるというこの子育て地蔵尊
清澄白河東大工町と呼ばれていた明治の頃、生田岩次郎氏が大日本紡績事務所近くに埋まっているものを月明りで見つけました
その物体が夜も寝れないほどに気になった岩次郎は夜明けを待って、再び現場に行って引き上げたのがこの子育て地蔵尊なのです

当初は生田地蔵尊と呼ばれていたのですが、板橋や巣鴨方面からも多くの人がお参りにくるようになり、一時は帽子やよだれかけが山積みになるほどだったとか
いつしか誰ともなくこのお地蔵さんのことを子育て地蔵尊と呼ぶようになりました
この由来は生田石三郎氏が子供の時、亡父岩次郎から聞いた話をもとにしています

【アクセス】
江東区白河3-2-10
最寄り駅:東京メトロ 半蔵門線都営大江戸線 清澄白河駅

路傍の名もなきお地蔵さん 1

こちらは道を歩いている時に偶然見つけたお地蔵さんたち
普段はお寺の中で見つけることが多いのですが、歩行中に偶然見つけることも稀にあります
それらのお地蔵さんたちは名前などが記してない場合が多く、ネットなどで調べても詳細が不明な場合が多いです

 

時間を見つけてそういったお地蔵さんもたまに紹介していきたいと思ってます

 

こちらは代々木近くの明治通り沿いのビルの前に立っていたお地蔵さん?

f:id:jizo_bosatsu:20170227192433j:plain

お顔はのっぺらぼう状態で凹凸がなく、よだれかけではなく全身に赤い布をまとっているのが特徴的
お花やお供え物がしてあって路傍に立っている点はお地蔵さんの特徴にとても近いのですが
代表的な持ち物である錫杖や如意宝珠を持っているか否かは不明で、果たしてこの石仏をお地蔵さんと呼んでいいのかどうかは判断に悩みます

【アクセス】
渋谷区千駄ケ谷5-18-21
最寄りは東京メトロ副都心線北参道駅

-------------

続いては表参道にあるドルチェ&ガッバーナ青山店の店舗近くで見つけた石像

f:id:jizo_bosatsu:20170227192528j:plain


以前紹介した東京地蔵マップでは「セレブ地蔵」と名付けられてはいますが、こちらもその造形があまりにも一般的なお地蔵さんからかけ離れていることから地蔵と呼ぶには躊躇いがあります
ただ中央の石仏を円状に囲む石の輪には、錫杖や如意宝珠を持っている地蔵が彫られており、この石像を「地蔵ではない」と一蹴してしまうことにもまた躊躇いがあります
僕が通りかかったときにはこの写真のままの姿でしたが、日によって色んな服を着させられているみたいです(お店の人がオシャレさせているのでしょうか?)
「南青山 オシャレ地蔵」で検索すると、小さな服を着たお地蔵さん?を見ることができます

【アクセス】
港区南青山5-5-8
最寄りは東京メトロ千代田線、銀座線、半蔵門線表参道駅

-------------

最後はJR鶯谷駅近くの寛永寺陸橋で見つけたお地蔵さん

f:id:jizo_bosatsu:20170227192701j:plain


江戸六地蔵(代仏)を見に行った帰りに偶然見つけたもの

jizo-bosatsu.hatenablog.com


二体とも赤いよだれかけをしているが手前の石仏は地蔵ではなく、観音像であるように見えます
例によってこの石仏に関しての情報も探しても目ぼしいものは見つかりませんでした

【アクセス】
台東区上野桜木1-15
最寄りはJR「鶯谷駅」

 

 

六地蔵 (長泉寺)

原宿から渋谷に向かって歩いていた途中で見つけたお寺の入り口にいた六地蔵です

jizo-bosatsu.hatenablog.com

f:id:jizo_bosatsu:20170221193911j:plain

寺の奥にある墓地には約200体の石仏があり、その大半が地蔵菩薩とのことです
元々はこの辺りに建てられていたお地蔵さんが宅地造成の際に集められたとのこと
このことからこの辺りでは古くから地蔵信仰があったことが分かります

f:id:jizo_bosatsu:20170221194115j:plain

しかし僕は墓地内に立ち入ってまで撮影はしないということにしているので、そちらを確認することはできませんでした
その数の多さから石仏研究を目的に人々が訪れることもあるそうです

石仏群の他にも人肌観音も有名で、不思議なエピソードがあるみたいです

人肌正観音音菩薩 (リンク:長泉寺公式サイト)

 

長泉寺の創建は1063年、川崎土佐守基家公により草庵が建立されたことに始まり、1155年には孤嶽林峰大和尚が観音堂および堂宇を再建
1521~27年には上渋谷村の名主・先祖左膳によって隠田村観音堂が再建、1592年(文禄元年)には山号を「慈雲山」と改めた

f:id:jizo_bosatsu:20170221194346j:plain

【アクセス】
渋谷区神宮前6-25-12
東京メトロ明治神宮前駅より徒歩4分
JR原宿駅より徒歩10分

江戸六地蔵 銅造地蔵菩薩坐像(東禅寺)

新宿、巣鴨鶯谷、青物横丁に続いて5体目の江戸六地蔵を巡ってきました
あと1体でコンプリートですので、巡り終えたら次は京都六地蔵を巡りたいと思っています

jizo-bosatsu.hatenablog.com

f:id:jizo_bosatsu:20170217184946j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170217185002j:plain

東禅寺曹洞宗の寺院で寛永元年(1624)に創建、品川寺に続いて二番目に古い建立となります
住所は東浅草とありますが、浅草駅よりアクセスするとかなり遠いですね三ノ輪駅からの方が近いかもしれません
お寺にたどり着くまでに30分近くは歩いた気がします(日頃の運動不足解消にはちょうど良かったのですが・・)

f:id:jizo_bosatsu:20170217185017j:plain


もしスムーズにアクセスしたい人がいたら、東武浅草駅から都バスに乗り、東浅草バス停留所で降りると良いでしょう

【アクセス】
台東区東浅草2-12-13
地下鉄浅草駅から徒歩約20分
東浅草バス停留所より徒歩2分

江戸六地蔵 銅造地蔵菩薩坐像(品川寺)

江戸六地蔵、4体目は青物横丁駅からすぐ近くの品川寺(ほうせんじ)にあります

jizo-bosatsu.hatenablog.com

f:id:jizo_bosatsu:20170214193021j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170214193036j:plain


宝永5年(1708年)建立された一番古い江戸六地蔵で唯一笠をかぶっていないのが特徴的
像高は現存する江戸六地蔵の中で一番高く、275cm

f:id:jizo_bosatsu:20170214193056j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170214193107j:plain

品川区認定天然記念物に指定されている大銀杏、樹齢は何と600年!!

f:id:jizo_bosatsu:20170214193120j:plain

このお寺内で七福神めぐりもできるみたいです

f:id:jizo_bosatsu:20170214193154j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170214193207j:plain

7月には江戸六地蔵精霊送り回向(お盆の最中に来ていたご先祖さまの霊を、お盆の最終日にお見送りするという行事)が行われるほか、毎年9月の最終日曜日には「宿場祭り」が行われ、山武士の火渡りが行われるとのこと
迫力がありそうなので一度見てみたいものです

品川寺は品川でもっとも古い寺で、弘法大師空海を開山とし大同年間(806-810年)に創建された真言宗醍醐派の寺院です

【アクセス】
品川区南品川3-5-17
京浜急行青物横丁駅より徒歩5分

水子地蔵について

水子供養とは中絶・流産などでこの世に生を受けることのできなかった子供の供養のことである
水子とは産まれてから1年以内に亡くなってしまった子供や死産した胎児のことを指します
古来水子の墓は造られず、三途の川に辿り着くことはなかったとされる
かつては凶作による飢餓を防ぐために人口を減らすいわゆる間引きとして発生した水子も近代では妊娠中絶によって増えるといった変容が見られるようなる
そして水子地蔵を造立する寺も増加していくこととなる

何故水子供養に地蔵が!?という疑問は地蔵を語る上で欠かせない「賽の河原の物語」を読んでも分かる通り、お地蔵さんは子供の守り神とされていたことから水子の観念と結びついたものと想像されます
この辺りのことは過去の記事「なぜお地蔵さんは赤いよだれかけをしているのでしょうか?」でも少し触れています

jizo-bosatsu.hatenablog.com


水子地蔵は左手に赤子を抱えて立っている像が多く、足元に数人の赤子が寄り添っていることもある

f:id:jizo_bosatsu:20170123185808j:plain

水子地蔵で有名なのは埼玉県にある紫雲山地蔵寺
道の両側に地蔵が山頂まで埋め尽くされている様子は圧巻で、ぜひ一度訪れてみたいと思っています

六地蔵 旧本坊表門 根本中堂(寛永寺)

こちらは江戸六地蔵(代仏)のある浄名院に行く途中に見つけたお地蔵さんです
どうやら地蔵よりも寛永寺根本中堂の屋根にあった鬼瓦が有名みたいです

f:id:jizo_bosatsu:20170208190717j:plain


寛永寺徳川家康、秀忠、家光と三代に渡り将軍の帰依を受けた天海大僧正によって寛永二年(1625)に創建された天台宗のお寺です

f:id:jizo_bosatsu:20170208190758j:plain

よだれかけではなく、赤いニット帽をかぶった六地蔵、冬だからでしょうか?

f:id:jizo_bosatsu:20170208190808j:plain


表門は現在の東京国立博物館のある場所から昭和22年に移築されました
彰義隊の戦争により焼けてしまった為に当時の姿を残しているのはこの表門だけとなっています

f:id:jizo_bosatsu:20170208190732j:plain

【アクセス】
台東区上野桜木1-14-11
JR山手線:鶯谷駅より徒歩8分