お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

お地蔵さんブログ 記事検索

スマホ版ですと、カテゴリーから記事が探せないので作ってみました

 

地域から探す

東京都(23区から探す)

 

お地蔵さんの種類で探す

 

コラム、ひとりごとなど

 

 

 

 

お地蔵さん密集地帯(三田 桜田通り)

慶應大学三田キャンパスがある桜田通り沿いには多数の寺院があります

以前駒込本駒込には寺院が密集しているといった記事を書いたことがありますが、どうやら寺院が集まりやすいエリアというのがあるみたいです

jizo-bosatsu.hatenablog.com

 

慈眼禅寺(じげんぜんじ)は曹洞宗のお寺で、文禄2年(1593年)2月に大室芬撮を開基とし、玉翁芳轉が開山しました
本尊は釈迦牟尼仏、定期的に座禅の会、写経の会を催している
慈眼には観世音菩薩の慈しみの眼(まなこ)という意味があります

 

山門

f:id:jizo_bosatsu:20171016131655j:plain

鐘楼とその下には仏像が

f:id:jizo_bosatsu:20171016131709j:plain

五重塔

f:id:jizo_bosatsu:20171016133339j:plain

 お地蔵さん

f:id:jizo_bosatsu:20171016131748j:plain

こんな石仏も

f:id:jizo_bosatsu:20171016133403j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20171016133419j:plain

【アクセス】
港区三田4-3-24
最寄り駅:東京メトロ南北線都営地下鉄三田線 白金高輪駅より徒歩6分、JR田町駅より徒歩10分

 

願海寺は浄土宗のお寺で僧永閑が開山となり、慶長16年(1611)創建されました
以前境内の中には「人力飛行機舎」という寺山修二が映像関係の事務所として使っていた建物があったらしいのですが、現在は取り壊されているようです

f:id:jizo_bosatsu:20171016133825j:plain

近代的な本堂

f:id:jizo_bosatsu:20171016133745j:plain

お寺の敷地の外に石仏群がありました

f:id:jizo_bosatsu:20171016133846j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20171016133903j:plain


【アクセス】
港区三田4-2-10

最寄り駅:東京メトロ南北線都営地下鉄三田線 白金高輪駅より徒歩8分、JR田町駅より徒歩9分

 

随應寺は浄土宗のお寺で権蓮社選誉上人向阿貞信随應大和尚(元和2年1616年卒)が開山となり、慶長16年(1611年)八丁堀に創建されました
この場所に移転されたのは寛永12年(1635年)です
境内には腹帯地蔵堂があるとのことですが、見落としてしまいました

 

山門

f:id:jizo_bosatsu:20171016134103j:plain

こちらも近代的な本堂

f:id:jizo_bosatsu:20171016134117j:plain

朽ちた感じの石仏群

f:id:jizo_bosatsu:20171016134155j:plain

変わった感じの配置の六地蔵

f:id:jizo_bosatsu:20171016134207j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20171016134226j:plain


【アクセス】
港区三田4-6-20
最寄り駅:東京メトロ南北線都営地下鉄三田線 白金高輪駅

これらのお寺は王鳳寺にあるお化粧延命地蔵尊(おしろい地蔵)に行く途中に寄ったものです
本来の目的である王鳳寺の記事はまた後日アップしたいと思います

石仏群 延命寺(原宿)

原宿の辺りを歩いていたら不意に石仏群に出くわしました
延命寺という浄土宗のお寺の敷地内にあるようで、住宅地にまぎれており「延命寺」と書かれ看板がなければお寺だとは気がつかないかもしれません

f:id:jizo_bosatsu:20171009133544j:plain


元禄元年(1688)に創建された延命寺は、外輪の地蔵と称されて著名だったそうです

観音像、庚申塔、地蔵など約30体の石仏があり、元は青山久保町(現在の北青山)で江戸時代中期頃に造設されたとのことです

f:id:jizo_bosatsu:20171009133602j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20171009133614j:plain

【アクセス】
渋谷区千駄ヶ谷3-56-15
東京メトロ北参道駅より徒歩5分
JR原宿駅より徒歩6分

地蔵菩薩像(法隆寺)

以前(恐らく)日本で一番知られているお地蔵さんは巣鴨とげぬき地蔵ではないか?という記事を書きました

jizo-bosatsu.hatenablog.com


では日本で一番権威のあるお地蔵さんはどこにあるのでしょうか?
権威のあるという言い方はおかしな表現かもしれません
偉い?貴重な?大事に保管されている?とにかくそのような性格を日本で一番併せもつお地蔵さんは、奈良の法隆寺にある地蔵菩薩だと思います

このブログを運営している以上はいつかはこの肉眼で見ておかなければいけないと思っていました
そして遂にこの夏に法隆寺を訪れることができました

f:id:jizo_bosatsu:20171002175325j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20171002175356j:plain


但し撮影禁止のためにこの地蔵菩薩像の画像は撮影したオリジナル画像ではないことをご容赦ください

f:id:jizo_bosatsu:20171002175304j:plain


なお地蔵菩薩像を見るためには拝観料金が一般で1500円必要となります(2017年9月現在)

平安時代に造られた地蔵菩薩像は高さ173cmの木像
江戸時代は大神神社の神宮寺に祀られていたが、明治維新廃仏毀釈神仏分離)でここ法隆寺に移動してきました
カヤ材の一木造で一材から木取りされ造られています

 

法隆寺世界最古の木造建築として知られています
推古天皇聖徳太子用明天皇のご遺願(自らの病気の平癒を願い寺と仏像を造りたいと思っていたが、叶わないまま崩御されました)を継いで、推古15年(607)に法隆寺とその本尊「薬師如来」を造りました
1993年にはユネスコ世界文化遺産のリストに日本で初めて登録されました

五重塔

f:id:jizo_bosatsu:20171002175425j:plain

金堂

f:id:jizo_bosatsu:20171002175437j:plain

これらは現存する世界最古の木造建築物群である

夢殿
聖徳太子の等身像とされる救世観音像が安置されている)

f:id:jizo_bosatsu:20171002175455j:plain

南大門

f:id:jizo_bosatsu:20171002175508j:plain

有名な柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺の石碑

f:id:jizo_bosatsu:20171002175523j:plain

これがその鐘(今でも鳴らされています)

f:id:jizo_bosatsu:20171002175535j:plain

途中脇道にお地蔵さんらしき石仏を見かけましたが詳細は不明

f:id:jizo_bosatsu:20171002175555j:plain

【アクセス】
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
JR法隆寺駅より徒歩約20分、バス「法隆寺門前」行き、法隆寺門前下車
JR王寺駅より、バス「春日大社・奈良」行き、法隆寺前下車
近鉄奈良駅より、バス「JR王寺駅」行き・「法隆寺」行き、法隆寺前下車

拝観時間:午前8時~午後5時(2/22~11/3)、午前8時~午後4時半(11/4~2/21)

六本木一丁目付近のお地蔵さんたち

六本木一丁目付近の寺院を探索してきました
まずは道源寺坂を上ったところにある「道源寺」

f:id:jizo_bosatsu:20170925171628j:plain


道蓮社玄譽が開山、創建した浄土宗のお寺

山門をくぐると

f:id:jizo_bosatsu:20170925171610j:plain

本堂が見えます

f:id:jizo_bosatsu:20170925171644j:plain

お地蔵さんっぽい石仏も何体か確認ができました

f:id:jizo_bosatsu:20170925171717j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925171729j:plain

【アクセス】
港区六本木1-3-45
六本木一丁目駅2出口から徒歩約4分

アークヒルズの南側に「一願地蔵」というのぼりと二体のお地蔵さんを見つけました
そのうちの一体は祠に納められており、アークヒルズ再開発の工事の際に掘り出されたものなのだとか

f:id:jizo_bosatsu:20170925172054j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925172111j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925172122j:plain

隣の「アークヒルズ」と書かれたよだれかけをしているお地蔵さんは、再開発地区内に居住していた中の有志60余人が奉納したもので「一願地蔵」と名付けられたのは再開発の竣工を記念して、新しい街に関係者のみんながそれぞれの新しい願い(一願)をかけるということに由来している

【アクセス】
港区六本木1-3-41

西光寺は浄土真宗本願寺派のお寺です

f:id:jizo_bosatsu:20170925172214j:plain


佐々陸奥守四代孫伏見尉二男の釋玄誓が開基、元和8年(1622)京都伏見に創建され、正保4年(1647)当地へ移転してきました

f:id:jizo_bosatsu:20170925172228j:plain


境内にはお地蔵さんが確認できました

【アクセス】
港区六本木1-3-49
六本木一丁目駅3出口から徒歩約4分

陽泉寺は曹洞宗のお寺江戸幕府大御番勤務の伴五兵衛の祖先陽泉寺殿心翁道安居士が開基、雲高秀呑和尚を勧請開山として明暦3年(1657)に創建されました
住宅地の路地沿いにひっそりとありました

f:id:jizo_bosatsu:20170925172436j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925172500j:plain


山門を中に入ると本堂があります

f:id:jizo_bosatsu:20170925172545j:plain


こちらにもお地蔵さんが立っていました

【アクセス】
港区赤坂1-11-9
六本木一丁目駅3出口から徒歩約4分

正福寺は浄土真宗高田派のお寺です
開山大師は、親鸞聖人で寛永年間に、開基傳休法師が今の桜田門外に小庵を営み専修念仏の道場としたのが始まり
現在の場所に移転したのは正徳年間とのことです

f:id:jizo_bosatsu:20170925172804j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925172821j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925172835j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170925172849j:plain


こちらには鐘とお地蔵さんを見つけることができました

【アクセス】
港区赤坂1-11-3
六本木一丁目駅3出口から徒歩約7分

北向地蔵尊、榎地蔵尊(大阪梅田、ミナミ)

阪急梅田の駅ビル内(紀伊国屋書店の西側、三番街の一番南側)にお地蔵さんがあるのをご存じだろうか?
もしかしたら「地蔵横丁」という通りの名前の方が馴染みのある人もいるでしょう

f:id:jizo_bosatsu:20170918190358j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170918190408j:plain


その「地蔵横丁」に祀られているのが、北向地蔵尊
立地の良さから通りがかったついでに手を合わせてお参りしていく人も多くみられました

f:id:jizo_bosatsu:20170918190317j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170918190341j:plain

それにしてもなぜこんな場所にお地蔵さんがあるのでしょうか?
このお地蔵さんは明治26年にこの付近の畑から掘り出されたものとのこと
当時の地主の仲谷弥三兵衛氏が世話人となって建立したとされています
かつてはこの梅田駅周辺には墓地があって、掘り出されたお地蔵さんは「梅田墓地に葬られた人を見守ってもらおう」という目的のもとで祀られたのです

その後梅田駅拡張工事や新阪急ホテルの建設などで何度か移動を繰り返した後に今の場所に落ち着いたのです
北向きに建てられたお地蔵さんは全国でも珍しいとのことです

【アクセス】
大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 南館1F地蔵横丁通り

 

大阪ミナミでもう一体お地蔵さんを見つけました
オリエンタルホテルの横です
かつてこの一帯は寺院が多くあったそうですが、当時のままここに残っているのはこの榎地蔵を含む、わずかなお寺だけみたいです

f:id:jizo_bosatsu:20170918190542j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170918190553j:plain

【アクセス】
大阪府大阪市中央区千日前2-8-17
最寄り駅:地下鉄難波駅 徒歩5分

伏見六地蔵(大善寺)

京の六地蔵巡り
ようやく3か所目のお寺で地蔵盆以外の日にお地蔵さんが公開(撮影可能)されているお寺に巡り合えました

jizo-bosatsu.hatenablog.com

f:id:jizo_bosatsu:20170911165417j:plain

大善寺前の道標

f:id:jizo_bosatsu:20170911165441j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170911165457j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170911165516j:plain

大善寺とは浄土宗のお寺です
山号、院号は法雲山浄妙院、本尊は阿弥陀如来

f:id:jizo_bosatsu:20170911165647j:plain


慶雲2年(705)藤原鎌足の子、定慧によって創建され、六地蔵の名でも知られています
平安時代前期に天台宗に改宗したが、永禄年間(1558年~1570年)現在の浄土宗に再び改められた

お寺のある最寄り駅も「六地蔵

f:id:jizo_bosatsu:20170911165556j:plain


これは大善寺が「六地蔵めぐりの根本道場」であり、六地蔵信仰の発祥地として、付近の地名由来になったからです

f:id:jizo_bosatsu:20170911165621j:plain

地蔵堂(六角堂)

f:id:jizo_bosatsu:20170911165708j:plain

こちらが地蔵菩薩立像(京六地蔵)木造、一木造、極彩色。

f:id:jizo_bosatsu:20170911165827j:plain

東福門院徳川秀忠の娘)寄進の鐘楼、明正天皇の安産祈願の成就御礼として寄進されたものです

f:id:jizo_bosatsu:20170911165724j:plain

本堂前にはミニサイズの六地蔵
六地蔵(地名)にある京六地蔵が祀られている大善寺(通称六地蔵)の中にあるミニ六地蔵(もう訳わかんないですね)笑

f:id:jizo_bosatsu:20170911165738j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170911165749j:plain

三界萬霊塔の中のお地蔵さん

f:id:jizo_bosatsu:20170911165804j:plain

鬼瓦も置かれてました

ちなみに次に来訪した常盤地蔵のある源光寺は悪天候のため早めに閉門されていて中にすら入れず

f:id:jizo_bosatsu:20170911165847j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170911165857j:plain


桂地蔵のある地蔵寺も時間切れで行けませんでした
なかなか京六地蔵を一日で巡るというのは大変だということが分かりました

【アクセス】
伏見区桃山町西山24
JR・京阪六地蔵駅 徒歩8分
拝観時間:9:00~16:00