お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

お地蔵さんブログ 記事検索

スマホ版ですと、カテゴリーから記事が探せないので作ってみました

 

地域から探す

東京都(23区から探す)

 

お地蔵さんの種類で探す

 

コラム、ひとりごとなど

 

 

 

 

地蔵盆とは

関東地方の人には馴染みのない言葉かもしれませんが「地蔵盆」というお地蔵さんの縁日があります
ユネスコ無形文化遺産や、日本国の民俗文化財にもなっているのですが、地蔵盆が盛んな近畿地方以外の人にはあまり知名度がありません
北陸エリアでは新潟、信州では長野県や長崎県対馬などでも行われているらしいのですが、新潟生まれの僕はその慣わしを知りませんでした

f:id:jizo_bosatsu:20170818172405j:plain

地蔵盆は一般的に旧暦7月24日の前日を中心とした3日間を指し、その期間内に縁日(祭り)が行われます
厳密に言えば毎月24日が地蔵盆なのですが、旧暦7月24日以外の地蔵盆は地蔵会(じぞうえ)、地蔵祭と呼ばれることが多い

現在では新暦で行われ、新暦7月24日前後の地域と、月遅れで8月24日前後の地域に分かれる
平日の場合は土日にずらして行われる場合も多い
(月遅れで8月に行われる場合が多数派)
対象となるのが寺院などに祀られているお地蔵さんではなく、いわゆる路傍のお地蔵さん(辻地蔵)であることも興味深い

 

地蔵盆ではお地蔵さんが洗い清められ、新しいよだれかけを付けられ、灯籠を立てたり供え物をしたりして祀られる
子供達に向けたイベントが行われたり、おやつが配布されたりなど子供の為の祭りとされているのは、賽の河原の話に代表されるようにお地蔵さんが子供の守り神としての性格が強い為でしょう

f:id:jizo_bosatsu:20170818172432j:plain

輪形(わがた)地蔵 (正行院)

遂にお地蔵さんブログも関西エリアへ進出!
といっても地蔵関連の文献を漁れば地蔵マニアの先人たちは、海外にまでその足を伸ばしているらしく、まだまだ先は長いと思い知らされるばかりです

京都駅のすぐ近くに通称猿寺と呼ばれている浄土宗のお寺(正行院)があります
これはお寺を開山した円誉上人が修行している時に猿に「南無阿弥陀仏」の御名号を書いたお守りを授けられ、そのお守りのお蔭で危機から救われたことに由来します

お寺への参拝には事前申し込みが必要とのことで、たまたま前を通りかかった僕は境内には入れませんでした
しかし門前にあった輪形(わがた)地蔵堂は見ることができました
輪形(わがた)とは牛馬車の通行を楽にするため車の下に敷かれた石を指し、その石から堀り起こされたのが輪形地蔵です
このお地蔵さんには「交通安全」の御利益があるとされています

f:id:jizo_bosatsu:20170807174942j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170807175011j:plain

残念ながらお堂のすき間からお地蔵さんの姿をのぞくことはできましたが、撮影することは叶いませんでした
お堂の中には竹田街道にあった西国三十三箇所の観音像も共に安置されています

駅の近くにあるので旅行に行く前には旅の安全を祈願してはいかがでしょうか?

【アクセス】
京都市下京区塩小路町744

近くにはやはりお堂の中に入った3体のお地蔵さんを見つけることができました

f:id:jizo_bosatsu:20170807175028j:plain


京都の路傍のお地蔵さんに関してはこのようにお堂に入っているのが一般的で関東エリアのお地蔵さんのようにそのまま姿を晒していることはほとんどないみたいです

とろけ地蔵など(大圓寺)

久々に多数の石仏のあるお寺に巡り合いました
もちろんお地蔵さんもたくさん見つけることができました

目黒駅西口から徒歩約3分、行人坂という急な坂の中腹にある「大圓寺」です
目の前には「ホリプロ」もありました

f:id:jizo_bosatsu:20170801195210j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170801195233j:plain

大圓寺は天台宗のお寺で、寛永元年(1624)出羽湯殿山の修験僧大海法印が大日如来を本尊として開山しました
山号は松林山、本尊は釈迦如来

明和9年(1772)寺から発火、江戸三大火事の一つになる行人坂火事である
再興されたのは幕末の1848年(嘉永元年)になってからのこと、五百羅漢の石像はこの火事による犠牲者の供養のためにつくられたものである
明治に入り隣接した明王院がこの寺に統合された

薬師如来
体の悪い部分に金箔を貼って「オンコロコロ センダリ マトウギソワカ」と唱えて祈願すれば治癒するのだとか

f:id:jizo_bosatsu:20170801195306j:plain

大円寺石仏群
釈迦三尊像を中心に、十大弟子像、十六羅漢、491基の五百羅漢像が安置
その数の多さには圧倒されてしまいます

f:id:jizo_bosatsu:20170801195334j:plain

とろけ地蔵
江戸時代に品川沖で漁師の網にかかって捕らえられました
「悩みをとろけさせ、解消してくれる」ということが名前の由来です

f:id:jizo_bosatsu:20170801195354j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170801195406j:plain

七福神像や

f:id:jizo_bosatsu:20170801195421j:plain

道祖神

f:id:jizo_bosatsu:20170801195443j:plain

観世音菩薩

f:id:jizo_bosatsu:20170801195454j:plain

身代わり地蔵

f:id:jizo_bosatsu:20170801195508j:plain

かわいらしい姿をした六地蔵もいました

f:id:jizo_bosatsu:20170801195523j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170801195537j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170801195631j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170801195647j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170801195701j:plain

他にも生身の釈迦如来と言われている「清涼寺式釈迦如来立像」など見ごたえのある像が多数安置されています

【アクセス】
目黒区下目黒1-8-5
最寄り駅:JR線 目黒駅

南谷寺(目赤不動尊)

南谷寺天台宗のお寺で本尊が目赤不動尊であることでも知られている
目赤不動尊江戸五色不動のひとつであり、関東三十六不動第13番不動でもあります

 

お寺を開いた万行律師は熱心な不動明王の信仰者で、ある夜に夢の中で伊賀国(現在の三重県)の赤目山に行くようにお告げを受けました
そこで熱心な赤目山の山頂に行って祈願していたところ、天から一寸二分ほどの黄金の不動明王像を授かったとの言い伝えがあります
かつては赤目不動と呼ばれていましたが、寛永5年(1628年)鷹狩に訪れた三代将軍・徳川家光によって目赤不動と呼ぶように命じられました
これは既に存在した目黒不動目白不動に倣ってのことだと言われています
同時に現在の地を与えられ(かつては本駒込3丁目付近にありました)南谷寺の寺号となるとともに上野の寛永寺末寺となりました

 

かつて不動尊のあった地は現在では動坂と呼ばれており、目赤不動跡と呼ばれるお堂があり、日限地蔵と呼ばれるお地蔵さんがいました
しかしお堂は1985年の土地整理で取り壊され、お地蔵さんは徳源院という近くのお寺に移されました

 

南谷寺目赤不動尊両方の門柱が入り口左右にあって分かりやすいです

f:id:jizo_bosatsu:20170726193821j:plain

山門を入るとすぐに六地蔵の姿も

f:id:jizo_bosatsu:20170726193937j:plain

正面には本堂が

f:id:jizo_bosatsu:20170726193955j:plain

不動堂もすぐそばにあります

f:id:jizo_bosatsu:20170726194011j:plain


【アクセス】
文京区本駒込1-20-20
最寄り駅:地下鉄南北線本駒込駅

不動尊とは

お地蔵さん探しで寺院巡りをしていると、〇〇不動尊という表記を見ることがあります
不動尊とはどういう意味なのでしょうか?

 

不動尊とは不動明王の尊称です
明王とは密教系の仏神で、悪魔を撃退する「仏の知恵(真言)を身につけた偉大な人」という意味です
明王の中でも中心的役割を担う5名の明王の中の中心となっているのが不動明王ということなのです

 

大日如来の化身とも言われる不動明王は、天台宗禅宗日蓮宗等の日本仏教諸派および修験道で幅広く信仰されています
ところで不動明王と聞くと怒っているような怖そうな表情を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
これは煩悩を抱える最も救い難い衆生をも力ずくで救うためにそのような怖い表情をしているのです

f:id:jizo_bosatsu:20170720172459j:plain

不動明王を祀っている寺院を〇〇不動尊と呼ぶので、中にはお地蔵さんがいるケースも多いです
三不動としては目黒不動瀧泉寺)、目白不動金乗院)、目赤不動南谷寺があり、五色不動は加えて目青不動(教学院)、目黄不動 (永久寺)、目黄不動最勝寺となっている

jizo-bosatsu.hatenablog.com


上記はあくまでも東京の五色不動であり、厳密には五色に関連する同様の伝説は各所に存在する
なお五色であることについては、古代中国の「万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなる」という五行思想の影響があるとされています

江戸六地蔵【東都歳時記】ぼけ地蔵 瑞泰寺(ずいたいじ)

 瑞泰寺(ずいたいじ)は浄土宗のお寺です
当初は天正17年(1589年)神田に桂芳院として創建され、元和8年(1622)に名称を瑞泰寺と改めました

f:id:jizo_bosatsu:20170712194155j:plain

入り口に象がいるのがユニークですね

f:id:jizo_bosatsu:20170712194249j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170712194215j:plain

ぼけ地蔵?お祈りしたらぼけ防止になるのでしょうか?

f:id:jizo_bosatsu:20170712194232j:plain

江戸六地蔵(東都歳時記)の第一番の銅造地蔵がありましたが、大正の関東大震災で破損し、第二次大戦の戦火によって焼失した為に現在は石造を代仏(壇陀地蔵)としています。

jizo-bosatsu.hatenablog.com

【アクセス】
文京区向丘2-36-1


最寄り駅:南北線本駒込駅 徒歩1分