お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

地蔵菩薩像(泉岳寺)

泉岳寺曹洞宗の寺院で慶長17年(1612年)に門庵宗関(もんなんそうかん)和尚(今川義元の孫)を拝請して徳川家康が外桜田に創立しました
寛永18年(1641年)の寛永の大火によって焼失。そして現在の場所に移転しました
曹洞宗の江戸三ヶ寺(青松寺・総泉寺と泉岳寺)として曹洞宗の行政面の一翼を担っていたという歴史ある寺院です

f:id:jizo_bosatsu:20170629183514j:plain

赤穂事件で有名な浅野長矩赤穂浪士が葬られていることで知られ、現在も多くの参拝客が訪れます
しかし例によって赤穂浪士には全く興味のない僕は、境内にお地蔵さんがいないかどうかだけを手短に確認して去ることとなりました

f:id:jizo_bosatsu:20170629183603j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170629183618j:plain

境内は広く四十七士の墓所は出入り自由なのに対して、赤穂浪士ゆかりの品を所蔵している「赤穂義士記念館」は有料となっています(大人 500円/中高生 400円/小人(10歳以上)250円)

f:id:jizo_bosatsu:20170629183636j:plain


こちらが本堂、ご本尊は釈迦如来、他に曹洞宗の宗祖である道元禅師・瑩山禅師のほかに大石内蔵助の守り本尊である摩利支天(秘仏)などが納められています

アクセス
東京都港区高輪2-11-1
最寄り駅:都営浅草線 泉岳寺駅

たくさんのお地蔵さん (高野山 東京別院)

良くあることなのですが
お寺に行ってお地蔵さん探しをしていると、それ以外のことが目に入らなくなってしまい、そのお寺の名所を見落としてしまうことがあります

 

今回訪れた「高野山 東京別院」も入っていきなりみつけたお地蔵さんの大群に浮かれてしまって、四国八十八ヶ所お砂踏みをスルーしてしまいました

f:id:jizo_bosatsu:20170622160657j:plain


四国八十八ヶ所お砂踏みとは、高野山 東京別院の中にある四国八十八カ所の寺名が刻まれた石碑と石仏
そこでお参りをすれば四国八十八カ所を巡ったのと同じご利益があるのだとか
お砂踏みと呼ばれているのは、四国八十八ヶ所の札所から持ち帰ったお砂を全て納めてあるからです

 

また高野山 東京別院御府内八十八ヶ所霊場の第一番札所でもあります
御府内八十八ヶ所霊場巡拝という四国八十八ヶ所お遍路の写しとして江戸時代の中期に始まった巡拝
八十八のお寺のほとんどが都内23区内にあるというのですから、このお寺だけでご利益を得るのはあまりにもお手軽すぎると思い、かといって四国八十八カ所を巡るのは難儀だと思う人は試してみてはいかがでしょうか?

 

歴史のあるお地蔵さんではなさそうですが、二頭身のお地蔵さんは実にかわいらしい!

f:id:jizo_bosatsu:20170622160759j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170622160812j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170622160825j:plain


六地蔵も境内の中にいらっしゃいました

f:id:jizo_bosatsu:20170622161306j:plain

jizo-bosatsu.hatenablog.com

高野山 東京別院とは高野山真言宗、総本山金剛峯寺の別院です
延宝元年(1673年)「高野山江戸在番所高野寺」として建立、現在の名前に改称されたのは昭和2年のことです

f:id:jizo_bosatsu:20170622160911j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170622160925j:plain

【アクセス】
港区高輪3-15-18
最寄り駅:都営地下鉄 浅草線「高輪台駅
(JR品川駅からも徒歩10分程度でアクセス可能)

幽霊地蔵(子安栄地蔵尊)光福寺

港区高輪にある浄土宗のお寺「光福寺」には幽霊地蔵と呼ばれているお地蔵さんがいます
幽霊地蔵というのはもちろん通称で、正式には子安栄地蔵尊といいます

f:id:jizo_bosatsu:20170614184302j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170614184317j:plain


ではなぜ幽霊地蔵と呼ばれるようになったのでしょうか?

 

それはこのような言い伝えがあるからです

 

江戸時代、光福寺に近くの二本榎通りの飴屋さんに毎晩赤ん坊を連れた若い女性が買い物に来ていました
雨でも傘も持たずにやって来るその姿を不思議に思った飴屋の主人が女性の後をそっと尾行しました
寺の中に入っていったことを確認した主人は後日、今度は寺の住職と共に女性の後をついていきました
すると女性の姿は消え、地蔵の前に辿り着きました
住職はその地蔵を毎日供養すると、それからパッタリと女性が現れなくなったとのこと

 

この言い伝えと風化したせいで足がやせ細って幽霊のように見えるお地蔵さんの姿が結びついてそう呼ばれるようになったものだと言われています

f:id:jizo_bosatsu:20170614184158j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170614184221j:plain


子安栄地蔵尊は平成4年に港区の有形民俗文化財に指定されています。

境内の中には石仏も多数確認できました

f:id:jizo_bosatsu:20170614184419j:plain


光福寺は相福寺と号して創建し、明治13年芝源光寺を合併して名を光福寺と改めました

【アクセス】
港区高輪3-14-30
最寄り駅:都営三田線高輪台駅

たこ八郎地蔵(法昌寺)

たこ八郎と聞いても今の若い人には馴染みがないかもしれません
元プロボクサーで役者やコメディアンとして多くの人々に愛されていた人物です
ノーガードで相手に打たせるボクシングスタイルは、あしたのジョー矢吹丈のモデルになったともいわれています
しかし人気絶頂だった1985年に飲酒後に海水浴をして心臓マヒで帰らぬ人となってしまいました

その年の秋に由利徹赤塚不二夫らが発起人となり、たこ八郎地蔵が建てられました
お墓は故郷の宮城県にありますが、東京でもお参りするところがあればとの意向からです

f:id:jizo_bosatsu:20170608183638j:plain

お地蔵さんの胴には「めいわくかけてありがとう」という彼の座右の銘が刻まれています
よく見ると髪型や酔った際にかじられたという欠けた耳が再現されています

f:id:jizo_bosatsu:20170608183654j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170608184216j:plain

法昌寺法華宗本門流のお寺で、慶安元年(1648年)下谷御切手町付近に創建、元文2年(1737)当地へ移転しました

f:id:jizo_bosatsu:20170608183712j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170608183727j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170608183742j:plain

お寺の前にもお地蔵さんが立っていました

f:id:jizo_bosatsu:20170608183803j:plain

このように実在した人物をお地蔵さんとして祀るケースも少なくなく、例えば長野県下伊那郡の芳重地蔵は東京で日雇いをしながら夜学に通い、貧乏な生活をしながらも郷里に図書を送り続けた宮沢芳重さんを「お地蔵さんのような人だった」と慕って建てられたものです。

【アクセス】
台東区下谷2-10-6
最寄り駅:日比谷線入谷駅

蕎麦喰地蔵尊(九品院)

九品院は慶長4年(1599)に本蓮社正誉秀覚和尚が、田島山誓願寺の塔頭として創建した浄土宗のお寺です

f:id:jizo_bosatsu:20170601174042j:plain


浄土宗十一ケ寺と呼ばれる11つの寺院が阿弥陀如来像へと続く参道の脇に軒を連ねる寺院群でその一番奥に九品院がありました
蕎麦喰地蔵は元々九品院に合併された西慶院に安置されていたものです

こちらは九品院の境内に掲示されていた看板からの引用です

「あゝ、美味しかった。御馳走さま」
お坊さんは何度も丁寧に礼を言うと、暖簾をくぐって出て行った。いや、いや……
こんなに夜遅くおしのびでお出なさるとは、よほど蕎麦の好きなお方と見えるわい。元々信心深い尾張屋の主人のことゆえ、お坊さんの所望に毎夜快よくもてなしていた。
だが待てよ……、闇の中に去って行くその後姿を見送りながら、主人は不図こんな事を考えていた。もう一月にもなるかな、毎晩きまって四ッの鐘が鳴ると、間もなくお見えになるような気がする。それにしてもあの奥床しい容貌と言い、おだやかな物腰と言い、唯の方ではあるまい。一体何処の方であろうか。一つ明日聞いてみよう。
翌日、主人はお坊さんにおずおずと尋ねてみた。
「不躾ながら、貴方様はどこのお寺でいらっしゃいますか」
お坊さんはその問いを聞くと、はたと困ったような表情を浮かべ、只恥かしそうに顔を紅らめ答えようとはしない。主人の重ねての質問にやっと、
「田島町の寺……」
と小声で言うと、あとそれ以上聞いて呉れるな、と言うような眼差しを残して逃げるように立ち去った。どうも腑に落ちない。さては蕎麦好きの狐か狸が化けているのではないだろうか。よーし、今度きたら正体をつき止めてやろう、と店の者がいきまくのを主人、は押えておいた。
明くる日またお坊さんは、何事も無かったように蕎麦を食べ終えると、礼を述べて帰った。覚悟を決めた主人は、こっそりその跡をつけて行く。知ってか知らずか、坊さんは深閑と静まりかえった夜道をゆっくり、ゆっくり歩いていった。袈裟衣の黒い影は、田島山誓願寺の山門をくぐり、西慶院の境内に入って行く。あー、申し訳ない矢張り本当のお坊さんだったのだ。何という申し訳ない事を、と山門の陰で両手を合わせてお坊さんの後姿を拝んでいた主人はその時ハッと息をのんだ。お坊さんの姿が地蔵堂の中にすうっと消えてしまたのだ。そして、御像にほのかな後光が射かに見えた。主人はへたへたとその場に坐り込み、暫らくは茫然と御堂をみつめた儘であった。何処をどう走ったかもわからない。やっと家に辿りついた主人がうるさく聞く声に耳もかさず「申し訳ない、勿体ない、お許し下さい・・・・・・」と繰り返えすのみ。
その夜、まだ興奮もさめぬまゝにうとうととまどろんでいると、枕元に厳かなお告げが聞えた。「われは西慶院地蔵である。日頃、汝から蕎麦の供養を受けまことに忝い。その報いには、一家の諸難を退散し、特に悪疫から守って遣わそう」それ以来、主人は毎日西慶院の地蔵様に蕎麦を供え、祈願するのを怠らなかった。ある年、江戸に悪疫が流行して、死人が続出し野辺送りの列が絶えなかった。人々の悲しみをよそに、尾張一家はみな無事息災であった。

蕎麦喰地蔵尊
赤いよだれかけ以外にお地蔵さんを連想させる箇所はなく、どちらかというと地蔵よりは石像に近い印象

f:id:jizo_bosatsu:20170601174104j:plain


お願いごとが叶うとそのお礼として蕎麦をお供えするのが風習となっているみたいです
また地蔵を祀って手打ちそばを食べる「蕎麦喰い地蔵講」が年二回行われているそうです

こちらは六地蔵でしょうか?
(でも数えると7体あった気が・・)

f:id:jizo_bosatsu:20170601174124j:plain

蕎麦を食べながら楽しそうに語らう石像も

f:id:jizo_bosatsu:20170601174138j:plain

【アクセス】
練馬区練馬4-25-1
最寄り駅:都営大江戸線、西武豊島線「豊島園駅

血の道地蔵(いぼとり地蔵)、合掌地蔵(なで地蔵)、六地蔵など(円明院)

円明院は1500年前後に創建された真言宗豊山派の寺院です

f:id:jizo_bosatsu:20170525185712j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170525185727j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170525185743j:plain


入り口の前には何体ものお地蔵さんが並んでおり、その中で一番小さいのが明治25年につくられた血の道地蔵といわれているお地蔵さんでした
血の道地蔵は生理不順など生理の関する病に効果があるとされ、別名いぼとり地蔵とも呼ばれ、お祈りするといぼが取れるというお地蔵さんでもありました

f:id:jizo_bosatsu:20170525185810j:plain

水子地蔵や

f:id:jizo_bosatsu:20170525185828j:plain

なで地蔵も見つけることができました、こちらは体の悪い場所を撫でてお祈りすると効果があるとのことです

f:id:jizo_bosatsu:20170525185847j:plain

六地蔵

f:id:jizo_bosatsu:20170525185927j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170525185946j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170525190001j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170525190017j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170525190036j:plain

【アクセス】
練馬区錦1-19-25
最寄り駅:東京メトロ有楽町線 氷川台駅

江戸六地蔵【東都歳時記】六地蔵(浄光寺)

江戸六地蔵には以前紹介した地蔵坊正元発願のものの他に空無上人の勧化により開眼された東都歳時記によるものがあります

jizo-bosatsu.hatenablog.com


しかし後者は現存する江戸六地蔵は、わずかに浄光寺と千駄木専念寺を残すのみ
今回は浄光寺の江戸六地蔵を紹介したいと思います

f:id:jizo_bosatsu:20170519161145j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170519161330j:plain

山門をくぐると左手に鎮座しているのが高さ一丈(約3メートル)の銅造地蔵菩薩

f:id:jizo_bosatsu:20170519161038j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170519161103j:plain


銅造泥塑の仏像造りに秀でた下谷心行寺二世空無上人の権化によって元禄4年(1691)に開眼されました
地蔵坊正元発願のものの像高はいずれも270cm前後ということを考えると、比較すれば少し小ぶりだという印象は否めません

浄光寺は真言宗豊山派寺院で創建年代は不詳

f:id:jizo_bosatsu:20170519161204j:plain


しかし諏方神社の別当寺であったため、同時期の元久2年(1202)前後の創建と推定されます
境内からの雪見が有名なことから別名「雪見寺」とも呼ばれていました

元文2年(1737)八代将軍童宗が鷹狩りに立ち寄り、それ以後禦膳所となりました。境内には「将軍腰かけの石」があるそうです(見つけることはできませんでした)
他にも六地蔵などを見つけることができました

f:id:jizo_bosatsu:20170519161241j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170519161307j:plain

【アクセス】
荒川区西日暮里3-4-3
JR日暮里駅徒歩8分