お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

わらべ地蔵(天龍院)みしま地蔵尊

谷中のお地蔵さん巡りシリーズのとりあえず完結編です。
無論谷中エリアのお地蔵さんを網羅したわけではないので、このエリアには今後も足を運ぶことになりそうです。

 

今回紹介するのは、わらべ地蔵とみしま地蔵尊
名もなきお地蔵さんよりも、このように名前が付いたものの方がやっぱり関心をもってしまいます

 

その他の谷中エリアのお地蔵さんの記事はこちらからチェックしてください

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

jizo-bosatsu.hatenablog.com

 

最初に紹介するのは、天龍院です
今回は見ることはできませんでしたが、台東区有形文化財となっている木像地蔵菩薩立像があるとのこと
秘仏でなければ、ぜひお目にかかりかったです

 

地蔵菩薩は、釈迦がなくなってから、ずっとのちの世に弥勒菩薩があらわれるまでの間、つまり今の世で人々を救済するといわれている菩薩です。日本では、塞の神道祖神の信仰と結びついて、道ばたの地蔵や塞の川原の地蔵などという形で親しまれています。

髪をきれいに剃った僧形で、右手に錫杖、左手に宝珠を持った姿が、よく知られています。 天龍院の地蔵菩薩像は、正面を向いてまっすぐに立った立像です。

像高は33.6cmという小さな姿ですが、とても細かい技法がみられます。像の衣の部分にほどこされている緻密な文様は、金泥(とともに、金箔を細く切ってはり、模様をつくる切金という技法を駆使して描かれたとても精巧なもので、製作者の技術の高さをうかがわせます。

からだの部分には漆箔がはられ、眼は玉眼がはめこまれています。
像の底部には、次のように銘文があり、この像のつくられた年代がわかります。


「仏師大輔/絵師大輔/文明11己亥/二月三日/施主浄胤/□□□」
文明11年は西暦1479年、室町時代後期にあたります。制作年代の明らかな像としても貴重なものです。
この像が天龍院の所蔵になった経緯については、ほとんどわかりません。

 

引用:猫の足あと「海雲山天龍院|台東区谷中にある臨済宗妙心寺派寺院

 

谷中 天龍院 山門

谷中 天龍院

谷中 天龍院 本堂

天龍院の基本情報

天龍院は臨済宗妙心寺派のお寺で、山号は海雲山。
梅岩西堂和尚が寛永7年(1630)神田に創建、当地に移転されたのは元禄14年(1701)のこととなります。
本尊は釈迦如来坐像。

天龍院のお地蔵さん

子育て地蔵尊

谷中 天龍院 子育て地蔵尊

わらべ地蔵尊

谷中 天龍院 わらべ地蔵

名前の由来は残念ながら分かりませんでした
同名のお地蔵さんでは、京都の大原三千院のわらべ地蔵が有名です

天龍院のその他の建造物

  • 伊東玄朴の墓(蘭方医で近代医学の祖とされている)
  • 高久靄崖(たかくあいがい)の墓(江戸時代後期の文人画家)
  • 神波即山(かんなみそくざん)の墓(明治時代の漢詩人)

天龍院へのアクセス

東京都台東区谷中4-4-33

 

続いて紹介するのは、お寺の境内にあるお地蔵さんではなく、初音児童遊園地にあるお地蔵さんです
三四真(みしま)地蔵尊という名前のお地蔵さんです

谷中 みしま地蔵尊

写真だと分かりづらいですが、お地蔵さんは石の表面に彫られています

みしま地蔵尊

太平洋戦争下の昭和二十年三月四日午前八時四十分頃、小雪降る中に、谷中地区はB29爆撃機の空襲を受け、死傷約五百人、全半壊家屋約二百戸の被害を蒙った。
戦争も終り昭和二十三年、当時の三崎町、初音町四丁目、真島町の有志により、三ヵ町の戦災死者七十余名の霊を永久に供養するために地蔵尊が建立された。

 

三四真(みしま)地蔵尊の名前の由来は、それぞれの町名の1文字を取って名づけられたからである
近所の方々によって管理がなされているのでしょう
きれいな花がお供えされていて、清掃も行き届いていました

みしま地蔵尊へのアクセス

東京都台東区谷中3-7-1

谷中エリアはお寺の多いエリアです
また機会があれば、紹介しきれなかったお地蔵さんを探しに訪れてみたいと思います