お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

マンガ地蔵、道標地蔵尊(金剛院)

 

小学校の頃の夢は漫画家でした
図工の成績は人並みだったくせに、一人前にGペンやらケント紙などプロの漫画家が使うような道具を揃えて、マンガの真似事してた若き頃
最も影響を受けたマンガはまんが道
漫画家を目指す藤子不二雄の自伝的長編青春漫画で、数々の有名漫画家を輩出したトキワ荘がその舞台となっている
そのトキワ荘のあった街「椎名町」にてトキワ荘協働プロジェクトの一環としてマンガ地蔵がつくられたと知って「これは行かねば!!」と思い駆け参じました

西武池袋線 椎名町駅北口目の前にある真言宗のお寺「金剛院」にその地蔵があります

f:id:jizo_bosatsu:20170331194307j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170331194324j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170331194336j:plain


漫画原点の街を伝えながら、様々なクリエイティブの領域で活躍される方々と、マンガ・アート・文化・歴史・地域の活性化を図るために点と点が線となり、面になる「縁から円」につながることを象徴しているのだとか

f:id:jizo_bosatsu:20170331194411j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170331194455j:plain

漫画と地蔵のコラボとなっていることは、錫杖の代わりにGペンを持っていたり、衣の柄に漫画を描くときの擬音や吹き出しがあることからも分かります

f:id:jizo_bosatsu:20170331194426j:plain


またマンガ地蔵は「なで仏」として想像の力を授かるというご利益もあるそうです
創発としまの小林俊史さん監修のもとトキワ荘協働プロジェクトメンバーの一之瀬光太郎さんと斎藤基貴さんにデザインされたもので、トキワ荘の方角を向いて立っています

マンガ地蔵だけでなく、お地蔵さんっぽい石仏を何体も見つけることができました

f:id:jizo_bosatsu:20170331194511j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170331194531j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170331194543j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170331194554j:plain

マンガ地蔵と書かれた御朱印、貴重なのでもらっておきました

f:id:jizo_bosatsu:20170331194609j:plain

道標地蔵尊というお地蔵さんも発見

f:id:jizo_bosatsu:20170331194758j:plain


こちらは寛政8年(1796年)8月24日に道標(みちしるべ)をかねて造立されました
台石には「念仏供養」、その左右には、「北・下坂橋道、南・ほりの内道」という文字がきざまれています。ほりの内というのは杉並区堀ノ内のことです。
江戸時代には、宿場町としてさかえた中山道の板橋仲宿方面、またやくよけお祖師さまの堀ノ内妙法寺へ参拝する人の道しるべになっていて、南北に伸びる道があったことを教えてくれています。
またこの御仏体の一部は江戸城築城の際に使われた石が一部使われているそうです

椎名町ではトキワ荘ゆかりの地巡りもしました
その際に見つけたお地蔵さんはまた後日紹介しますね

【アクセス】
豊島区長崎1-9-2
最寄り駅:西武池袋線 椎名町駅より徒歩1分