読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

江戸六地蔵(代仏)八万四千体地蔵(浄名院)

 

本来の江戸六地蔵の六番目は江東区にある永代寺にあるものであるが、明治元年廃仏毀釈で寺と共に取り壊されてしまった
その代りの地蔵として明治39年日露戦争戦没者を弔うため建てられたものである

f:id:jizo_bosatsu:20170201191959j:plain


従って浄名院の地蔵尊江戸六地蔵と呼ぶことは賛否の分かれるところであるが、浄名院には江戸六地蔵初めて見た時と同じくらい衝撃を受けてしまった八万四千体地蔵があります

f:id:jizo_bosatsu:20170201192032j:plain

 

大阪生まれの妙運和尚は25歳の時に地蔵信仰を得て、明治12年に1000体の地蔵菩薩像を建立
明治18年に地蔵山総本尊を建てると各地から多数の信者が寄進することによってその数はさらに増え続けているとのこと
八万四千体地蔵とはいうものの実際の数は84000体ではなく、「たくさんの」という意味で名づけられている模様
整然と同じサイズの地蔵が並んでいる景観に圧倒されてしまいます
欠けていたり朽ちている地蔵が多いというのも歴史を感じさせます

石仏散歩」というブログによると、84000体地蔵はこの場所のみならず、他のお寺にも存在するとのこと
例えば以前の西巣鴨の善養寺で紹介したこの画像の地蔵が実は84000体地蔵だということは知りませんでした

f:id:jizo_bosatsu:20170116181229j:plain


同じブログ内の記事によると各地蔵には番号が記載してあり、浄名院にある台帳で管理してあるとのこと

総本尊堂には84000体の地蔵の代表となるお地蔵さんが鎮座していました

f:id:jizo_bosatsu:20170201192142j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170201192157j:plain

地蔵のある浄名院は寛永6年(1666年)に創建された天台宗のお寺です
旧8月15日の「へちま供養」の際には全国からせきやぜんそくで悩む人が訪れるのだとか

f:id:jizo_bosatsu:20170201192217j:plain

六地蔵巡りというのぼりがあるので、この場所で江戸六地蔵を巡る代替行為ができるということでしょうか

f:id:jizo_bosatsu:20170201192235j:plain

同じ境内には厄除けに効力があるという「あらい地蔵尊」がありましたので、後厄の僕はゴシゴシと洗い清めました

f:id:jizo_bosatsu:20170201192255j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170201192313j:plain


水子地蔵やめぐみ地蔵など他にもたくさんのお地蔵さんがありました

 

f:id:jizo_bosatsu:20170201192503j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170201192346j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170201192532j:plain

【アクセス】
台東区上野桜木2-6-4
JR鶯谷駅北口出口から徒歩約7分
JR日暮里駅南口出口から徒歩約11分
千代田線根津駅1出口から徒歩約12分