お地蔵さんブログ

お地蔵さんの写真や解説などを記しています

銭塚地蔵尊、めぐみ地蔵、商徳地蔵、戦災供養地蔵、カンカン地蔵など(浅草寺)

年が明けて初めての週末、浅草寺は初詣と観光客ですごい人ごみでした

f:id:jizo_bosatsu:20170130171605j:plain


自分は東浅草にある六地蔵が目当てでこちらはついでに訪問しただけだったのですが、いやーこんな人だったら後日にすれば良かった
さすがに著名な観光地はすごいですね、巣鴨とげぬき地蔵がある高岩寺もかなりの人口密度でしたが・・

jizo-bosatsu.hatenablog.com

 

まずは浅草寺で一番有名なお地蔵さん「銭塚地蔵尊

f:id:jizo_bosatsu:20170130171621j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170130171633j:plain

浅草寺の公式サイトや無料でもらえるパンフレットなどにも地蔵で載っているのは、銭塚地蔵だけですから訪れる人が多いのも納得。かなりの行列ができてました。
その由来は享保年間に摂津国有馬郡の山口某の妻が庭で寛永通宝の詰まった壺を発見
しかしこの財宝に頼っていては働かなくなってしまい、ダメな人間になると思い再び土の中に埋め戻しました
その後一家は繁栄し、その壺の上に地蔵をまつったのが起源とされる
商売繁昌にご利益があるとされ、今でも石塔の下には寛永通宝が埋まっているらしいです
近くで塩と線香、ローソクを購入(100円)しお祈りする人が多いです

続いてその近くにあった「カンカン地蔵尊

f:id:jizo_bosatsu:20170130171502j:plain


ほとんどその原型をとどめていないその地蔵は(背後にいるお地蔵さんはカンカン地蔵とは違います)そばに置いてある小石で叩いてお祈りすると書いてあります
石で叩くとカンカンと音がすることからそう呼ばれているらしいです
みんな銭塚地蔵にお祈りをするついでにお祈りしていました

「めぐみ地蔵」

f:id:jizo_bosatsu:20170130171710j:plain

「出世地蔵」

f:id:jizo_bosatsu:20170130171824j:plain

「子育て地蔵」

f:id:jizo_bosatsu:20170130171842j:plain

「商徳地蔵」

f:id:jizo_bosatsu:20170130171906j:plain

「平和地蔵」

f:id:jizo_bosatsu:20170130172016j:plain

などがありました
それぞれお恵み、出世、子育て、商売繁盛、平和などにご利益があるのでしょう

左右に阿弥陀如来に挟まれているお地蔵さんもいました
膝を立てている格好は珍しいですね

f:id:jizo_bosatsu:20170130172042j:plain

f:id:jizo_bosatsu:20170130172132j:plain


しかし阿弥陀如来も赤いよだれかけをされてしまうと、お地蔵さんと見分けがつきませんね

そして「戦災供養地蔵」は浅草芸妓組合の皆さんが浅草花柳界の被災者慰霊のため建立したとされています

f:id:jizo_bosatsu:20170130172156j:plain

 

浅草寺自体には20体を超える地蔵がいらっしゃるらしいそうなので、全然網羅できていませんね。再訪の必要がありそうです

【アクセス】
東京都台東区浅草2-3-1
東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分